PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

理想のワンコ

ちょっとカミングアウト。実はとうちゃんはワンコが嫌いでした。
今はそんな事はないが、幼い頃に猫を襲う野犬を見てから嫌いになった。今でも無条件で好きな訳ではなくて、人間に命令するように吠えまくるワンコは正直好きにはなれないのです。

このワンコが嫌いだったという経験は意外にワンコを飼うのに役に立つもので、ワンコが嫌いな人の気持ちが分かるんです。
もし自分がワンコを飼うなら絶対に嫌われるようなワンコにはしない。
そう思う気持ちは自然と強くなるもんなんです。

20070301220340.jpg

この子は工場に住み着いていたワンコ。とうちゃんが初めて一目惚れしたワンコです。
今にして思えば、この子の病気のおかげで病院に行き、トレーナーさんとも出会えたんです。撫でてあげるだけで喜んでくれる本当に可愛いワンコだった。。

このトレーナーさんとの出会いは僕らに自信を植え付けてくれました。僕らに自信ができてしまえば、後は前に進むだけでした。
信頼関係という言葉があります。ワンコに信頼されるのも大事ですが、自分からワンコを信じてあげる。この事はボンとの信頼関係を築くのに非常に重要でした。ワンコの信頼を得るには自分が信じてあげる。その自信こそが大事だったのでした。

DSC05870.jpg

うちに来た始めの頃は、頭を撫でようとしても手を払ってました。
その頃はシツケ本で聞きかじった方法を試したりしました。レスリングをして、ボンに力関係を誇示したりもしました。ひたすらリーダーウォークに明け暮れたり、ブラッシングをいっぱいしたり。無視したり。
天罰方式を試したり。
それでもボンは変わることはなかったです。
変わったのは僕らの心を入れ替えてからでした。
いっぱい遊んで、いっぱい走って、ボンに僕らと過ごせる事を幸せに感じてもらう。それこそが大事だったんですね。

シーザーミランの言葉ですが「しつける前に十分な運動を」

僕は運動しながらしつけはできると思います。

思えば訓練所に預ける前日に月明かりの浜をいっぱい走った事。
呼び戻せるか分からないのに、僕らを追いかけていっぱい走りました。
その時は自然に「すわれ」も「待て」も出来ました。
楽しみながらしつければ訓練所に高いお金を払う事もなかったと思います。訓練所では言葉を教わっただけで、実際の生活では生きてこなかったんです。教わった言葉を実際の生活で生かすには信頼関係、「この人のいう事を聞こう」とする「心」が育たないとダメだと思いました。

こうしてボンとは信頼関係が築けました。

このトレーナーさんにビデオを見てもらってる時に僕はこう言いました。

「こいつバカなんでいう事きかないんですよ」するとすかさず

「この子はバカじゃないですよ」(怒)

今にして思えば信じられない言葉です。今ではそんな事は絶対に言わないと思います。

20070302000239.jpg

僕の作業服の上に寝ています。とうちゃんの臭いがしてるんで、心地いいのでしょうか?こうなってくるといずれ来る別れを思うと悲しくてなりませんね。

今回も長くなってしまいました。まだまだ書きたい事はいっぱいありますが。次回は気が向いた時に書きたいと思います。最後まで読んでくださってありがとうございます。
ちなみにこの記事を書くのに4時間くらいかかりました。自分の気持ちを上手く伝えるって大変ですね。
読みにくい文章でどうもすいません。。

☆ブログランキングに参加しています☆

いつも応援ありがとう!
今日もクリックしてくれると嬉しいです!
スポンサーサイト

| ボン | 22:32 | comments:32 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうそうそう!そうなんです~!

日頃私が言いたいと思ってる事、全部書いて下さってます。
しつけ本や訓練士さん、溢れかえっていますが
この一番大事なところを伝えてくれる本や人が少なくて。
私は自分のブログでも何度もしつこく書いているシーザーさん信者ですが
彼の言葉でものすごーく深く納得したのは「犬はあなたのエネルギーを感じ取る」です。
犬との関係はもうこれが全てと言ってもいいくらい。こっちが弱々しいエネルギー、ネガティブなエネルギーの時には何もうまくいきません。
とうちゃんさんもおっしゃってた「気」こちらに良い気=エネルギーが
みなぎっている時には犬は思い通りに動きますね。
あ、いかんいかん。これを語り出すと熱くなるんです(笑)

「なぜ犬は人を噛むのか」拝読しました。
たしかにアメリカの人は日本人よりも大型犬に慣れています。
家や庭が大きいので、大型犬を飼っている人や
飼った経験のある人が多く、そういう人は当然平気ですから。
でもアメリカでもやっぱりシェパードやピットブル、
ロットワイラー、ドーベルマン等は怖がられてしまう傾向はあります。
上記の犬種、またはそのミックスを飼っている家は
住宅総合保険に加入できないという規定のある保険会社もあります。
(我が家の体重13kgのニコでさえ、この定義にあてはまる!)
それでもやっぱり日本の動物への接し方は遅れていますよね。
外国で暮らすようになって、自分の国の良さを色々と感じていますが
動物のことについてだけは、お粗末としかいいようがありません。
アメリカだって決して犬にとって天国ではないし、
虐待されたり捨てられたりする犬もいるけれど、
それに対して司法と行政が動くことができますから。
あ、話がどんどん逸れていますね(笑)

ちなみにアメリカではシェパードは軍用犬です。
市中ではシェパードのミックスも多いですよ。
友人の家にもとても可愛いシェパードとハスキーのミックス犬がいます。

| あが | 2007/03/02 03:59 | URL | ≫ EDIT

ボンのとうちゃん、よく頑張ってきましたね。
ナッツもね、犬に対してガウなので困っていますよ(^^ゞ
今まで色々な方法を試してきて、昔よりはよくなっているかな。
それでも油断するとね~~~
飼い主が「またやるんじゃないか・・」って緊張しているとナッツも緊張しちゃうみたい。
まだまだなペアなんです。
とにかく今はナッツをたくさんたくさん走らせます!
まずは運動~~~ですもんね(*^^)v

「とほほ劇」でfujiのぱぱがボンのとうちゃんにコメ入れてますので見てね。

| なつまま | 2007/03/02 07:15 | URL | ≫ EDIT

とうちゃん

心の中、言いたい事がズッシリと伝わってきました。
ほんとに、バカな犬はいないんですよね。
私達の犬への接し方の問題なんです・・・
やっぱり、とうちゃん最高です!
あがさんんもあつくなってるわ。

| はなケンママ | 2007/03/02 07:33 | URL | ≫ EDIT

すごくよくわかります!

とうちゃんさんと私、すごくダブるところがたくさんあります。
っていうより、ほとんど一緒。
私はもともと犬は好きだったのですが、怖かったんです。
そしてこの歳になって初めて犬を飼ったこと。
自分がワンコが怖かったので、他の方には怖がられないようなワンコにしようと、飼育本を片手にものすごく杓子定規な育て方をしていたこと。
とうちゃんさんが試されたことと同じこと、私もすべてやりました。
私の場合、ここがターニングポイントだってはっきりしたところはわからないのですが、「しつけ、しつけ、しつけ、しつけ…」と3文字が頭の中をグルグルしていた時は、やっぱりうまく信頼関係が築けていなかったように思います。
1歳を過ぎた頃(まだ1歳3ヶ月ですが)、やっと頭を撫でさせてくれるようになり、今では自分から擦り寄ってきてくれるまでになりました。
お互いに信頼関係ができつつあるのかな、ととても喜んでいます。
あ、自分のことばかり書いちゃって、ごめんなさいね。
なんだかとうちゃんさんに私の心のトレーナーさんになってもらえそう!

| きゃらめるママ | 2007/03/02 12:31 | URL | ≫ EDIT

近所に熊みたいに大きな秋田犬がいるんです。
(機会があったら、ブログで紹介しちゃおうかな・・・)
すっごく穏やかないい子なので飼い主のおじさんに、
もともとこんなにいい子だったのか聞いたんですね。
そしたら
「大きな犬だから人を傷つけてしまったら大変なので、
ストレスをためないようにたっくさん歩いてるよ」
って言ってました。
そのワンコが若い時は
毎日毎日、何時間も歩いていたそうです(時間がないと不可能だけど・・・)
田舎のおじさんなので、
特にしつけをしているようにはみえないのですが、
本当に穏やかないい子なんです。
そのときに「運動って何よりも大切な事」なのかも・・・と思いました。
きっと、何時間も一緒に歩いている時間も
お互いを分かり合える大切な時間だったんでしょうね!

私もブロク更新するのにすっごく時間かかっちゃいます。
キーを打ち込むのは早いのですが(仕事上)、なにしろ文才がない・・・・Y(>_<、)Y
文章考えるのに時間がかかるったらありゃしない。
そんなとき、ウチノさん(旦那)に話しかけられると
ぶち切れそうになります・・・・なははっ

| ハナヒナ | 2007/03/02 13:01 | URL | ≫ EDIT

4時間もかかったんですか、お疲れ様でした。
ボンのとうちゃんの言いたいこと伝わってきましたよ。
私はあが さんのご意見に全く同じです。
シーザーの本を買って、忙しいのでまだ半分しか読んでいませんが、私もシーザーが言うエネルギーというのは理解できます。
モモも家族からブサイクだとかバカだとかしょっちゅう言われています。
以前は私も一緒になってそう言っていたんです。
真底そう思っていたわけではないんですけどね・・・
でもブログのお友達でドッグトレーナー志望のシェパ飼いさんに「そんな事言ったらモモちゃんが可哀想ですよ」って言われたんです。
あまりうちの子は可愛いでしょモードだと何だか恥ずかしいような気がしたんですね。
それと正直言って、ブログでお付き合いしている方は純血種を飼っている人が多かった。。。だから雑種、しかも野良が産んだ子ということに少し劣等感みたいなものを感じていたのかも知れません。
今は全くそういう気持ちはありません。
野良の子をレスキューしている方ともいろんな話をして、その実情を知るとモモがどんなにかけがえの無い存在なのかよく分かりました。
いけないいけない、私もこんな話をし始めたら長くなってしまいます。
いろんな経過を経て、今の超犬バカ人間に至っております(笑)
犬を信頼してこそお互いに信頼関係ができるんですよね。
ぼんのとうちゃんのお話、いろいろと参考になりました。ありがとうございました。

| モモママ | 2007/03/02 13:47 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ。
4時間かかったんですね、とうちゃんさんの言いたい事伝えたい事すごく心に入ってきました。
私は正直ボンのとうちゃんさんにコメントする時は緊張してしまいます、私の考え方は間違ってるんじゃないかって。
私は子供の時雑種の犬が常に2,3匹いました、猫もいっぱい他もたくさん。実家は工場なので昼は放し飼いでしたけど何処にも行かず、しつけもしてないのに賢い犬達でした。子供の時は犬は賢いものと思ってたけど大人になるとそうじゃなくて家族みんなの愛情があった事、いろいろな人が出入りするけどみんな可愛がってくれた事が犬達に伝わったんじゃないかと思っています。なのでくるみにもしつけという事をした事がないのです。
私もこれだけ書くのに1時間ほどかかってます。
えっと私もくるみを信頼しているということです。それが一番大切なことだと思っています。
人間が心を大きくもって接してあげないと動物には伝わらないですよね~。
何が言いたいのかわからなくなってきたのでやめます。
これからもボンちゃんとの信頼関係はもっともっと深くなっていくと思うので楽しみに遊びにきます。
長くてすいませんでした。

| kurumikochan | 2007/03/02 15:56 | URL | ≫ EDIT

私はピーターに、私の要求を押し付けてる毎日だと思います。そしてそれができないピーターを、「バカじゃない?」と思っていた日々です。でも、とうちゃんのブログを読んで、信頼関係という言葉にハッとしました。
ピーターと思いっきり遊んでやることを、忘れていたように思います。お散歩もサボり気味だし・・・。
ピーターにしてみれば、ストレスがあって嫌な毎日なのかも知れませんね。
私はしつけには自信がなくて、それがピーターに伝わってるかも。どうして良いかわからないこともたくさんあって・・・。みなさん、ちゃんとポリシーをお持ちで、立派な方ばかりですよね。勉強不足な私は、上手くコメントもできません。
ただ、自分のやり方が間違っていることに気付きました・・。ありがとう、とうちゃん。

| mimipi-n | 2007/03/02 18:30 | URL | ≫ EDIT

ランクリ押しと来ます

http://natokuuhakunull.blog87.fc2.com/blog-entry-46.html
ぜひ僕のも頼みます

| 極死 七夜 | 2007/03/02 18:43 | URL | ≫ EDIT

いやいや

分かりやすかったですよー。

工場に住んでたワンも可愛いですね♪
人懐っこそうな笑顔がたまらないです♪

ボンのとうちゃんさん、私も同じです。
小さいときからワンコが嫌い、というか恐怖の対象でしたね。。。
小1のときワンコに追いかけられてからコワくなりました。
ピリカを飼ったときもダンナに押し切られて、だったのでおっかなびっくり接してきました。
でもボンくんと一緒でピリカも賢い犬だったので(飼い主バカですか?f(^_^;))、段々ワンコが大好きになっていきました。

ワンコを本来の生き生きとした姿で保ってあげられるかどうかは全て人間次第なんですね。
ボンくんがおバカなんじゃなくて、おとうちゃん達がほんのちょっとどう接したら良いのかわからなかっただけで。。。
ホントに良いトレーナーさんと出会われましたね♪

| かな(ピリママ) | 2007/03/02 19:23 | URL | ≫ EDIT

あがさんへ

日本のテレビでもアメリカのワンコ事情はたまに放送されます。シェルターが機能してると思えば、虐待もあるし、処分される子もいる。
アメリカでは裁判が日本より盛んなんで、しつけに失敗したワンコは恐くて飼えない。結果として処分されるワンコも増える。と本で読みました。
あがさんはシーザーの信者なんですね。僕も2回ほど見ました。シーザーは真実を捉えてる!って実感しています。僕がいつも読んでるドッグトレーナーのブログでも同じような事を言っています。「大切なのは気」だと。僕もそう思います。技術と知識はその後に続くものだと。僕もこのような「真実」のしつけに出会えてよかったと思っています。
アメリカでもドーベルやシェパードは区別されるんですね。それは「偏見」ではなくて「区別」だと思います。ちょっと話はずれますが、マイケルムーアのボウリング・フォー・コロンバインを見ました。アメリカ人は銃大好きだと言っていました。ベッドにも忍ばせてる人が多いと。アメリカ人は用心深いんでしょうか?そう思ってる僕も偏見なのかもしれませんね。そういう人はガード・ドッグとしてシェパードやドーベルを使うんでしょうか?護衛犬なら侵入者には容赦しないでしょうね。そうなったら噛みますよね。ドーベルとかは繊細で用心深いですからね。
それにしてもニコで適用されて保険に入れないってのが、凄い事ですね。進んでるというか、気の使いすぎというか。。
日本ではくだらないシーン(お笑いタレントを襲わせたり)でシェパードの能力を披露させるんで、偏見が蔓延するんですよ。ほんとに日本は愚かですよ。

あがさん!熱くなるのは大歓迎です!ぜひ熱く語って下さい。はなケンママさんにはいい人を巡り合せていただけましたわ。今後ともよろしくご指導下さい。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 20:34 | URL | ≫ EDIT

なつままさんへ

ナッツもガウガウするっておっしゃってましたね。やっぱり気に入らないヤツは我慢できないって感じですか?
緊張ってリードから伝わるもんですよね。僕もドッグランで恐がって、リードを持ってる飼い主さんには、おせっかいですが注意してあげます。
もしかしたらナッツはなつままさん想いなのかもしれませんね。ボンも僕といる時と、嫁といる時では態度が違います。
僕といてる時に甲斐犬に襲われたんです。襲ってくる攻撃を全てかわして、事なきを得たんですが、同じ犬に嫁と散歩してる時に会ったときは、ボンから攻撃しました。嫁の制止を聞かずに噛み付いたんです。こんな事は初めてでした。
すいません。なつままさんは僕より先輩なんで余計なお世話でしたね。
ありがとうございます。fujiさんはブログやってないんですね。いただいたアドバイスもいいヒント満載でした。感謝です!

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 20:46 | URL | ≫ EDIT

はなケンママさんへ

最高だなんて。。喜んじゃいますよ!最高の褒め言葉です。ありがとうございます。
あがさん、僕のブログではいくらでも熱くなってもらいたいですよ。いい方と引き合わせていただきました。ありがとうございます。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 20:48 | URL | ≫ EDIT

きゃらめるママさんへ

きゃらめるママさんもワンコビギナーなんですね。でも、案外初心者の方が素直な感性でいいかもしれませんね。ちょっと話は違いますが、盲導犬使用者は次の盲導犬を迎え入れた時に癖が残ってて苦労するそうです。
しつけって凄く大事ですが、飼い主さんの気持ちが滅入ってくると、いい方向には進まないですよね。僕もいろんな事を試しましたよ。きゃらめるママさんはターニングポイントを迎えたんですよ!安心しましょう!
僕もコメント書く時は自分の事ばかりかいてしまいます。ついついコメントで熱くなって、自分のブログで記事を書く時に燃え尽きてしまっている事、多々あります。。いざ書こうとすると進まないんです。。
いっぱいご自身の事書いて下さいね。燃え尽きない程度に(笑)

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 20:58 | URL | ≫ EDIT

ハナヒナさんへ

秋田犬は散歩で運動してるつもりはないかもしれないですね。好きなお父さんと一緒に歩いてる。いろんなところに一緒に行けるって事で満足してるのかもしれませんね。この人と一緒にいれば安心だから、何も恐がる事はないんだ。って思ってるかもしれませんね。
上手に飼われてるワンコは見ればすぐにわかります。ドッグ・イズ・ミラーですね。
僕もブログの神様が降りてきた時はガンガン書けますが、そうでないと固まります。僕も嫁に話しかけられると、切れそうになります。。すまん!嫁。。
だいたい、コメントとコメント返しで燃え尽きちゃって、自分の記事を書く時には抜け殻になる時があります。そんな時はコメント返しより先に記事を書くようにしています。今日はコメント返しが大変そう。。でもそれが楽しいんですよね。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 21:06 | URL | ≫ EDIT

そうそう、そうなんですよね~。
ボンのとうちゃんが言ってる事、全てに同感です。でも
ボンのとうちゃんは、初めて飼ったワンコなのによくここまでワンコの事を理解しましたね。きっと、ボンのとうちゃんって、精神的に成長してる人なんだと思います。私も、自分のワンコを信じる事が1番大切だと思いますよ。お互いの信頼関係ですね。

そのドックトレーナーさんに1度、私も会ってみたいです。

| アークママ | 2007/03/02 21:11 | URL | ≫ EDIT

fujiのぱぱからコメはいってましたよ~~
わんこが楽しめそうな遊びながらの訓練です。
ナッツにもやってみよ~~\(^o^)/

ナッツも他の人がリードを持っているとガウしないんですね~
立派なボスになるために、シーザー・ミランを見るぞ~
自動録画で明日見ます(笑)

| なつまま | 2007/03/02 21:13 | URL | ≫ EDIT

モモママさんへ

モモママさんだから正直に言いますが、僕の年末のブログで嫁の実家のワンコを「野良上がりの里子」と表現しました。それが母を傷つけたみたいでした。僕の意見ですが、僕もずっと野良猫を保護して飼ってました。そこに劣等感は全くなかったです。元が野良であっても何が問題あるの?って変に強気に思ってるくらいですから。大切なのは今と未来です。
モモママさんにも実家のワンコがモモちゃんに似てるから見てくださいって言ったと思いますが、あの記事を読んで傷つけたんじゃないかと気にしておりました。もしお気にさわったんでしたらすいませんでした。ブログは文字でしか伝わらない世界なんで、気をつけようと思ってます。
モモちゃんは可愛いですよ。僕は男の人好きなワンコは大好きです。臆病な女の人好きなワンコより仲良くなりやすいですからね。
たとえ純血種でもMIXでも飼い主にとっては大切な家族です。僕もボンがMIXだったとしても全然気にしてないと思いますよ。
いつか一緒に散歩したいですね。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 21:22 | URL | ≫ EDIT

kurumikochanさんへ

僕は他ではつまらない冗談を書かしてもらってますよ。(こりきに生まれて)とかでは。。すいませんこりきとーちゃん。
工場に住み着いたワンコこそ僕の理想のワンコでした。撫でてあげるだけで喜んで、なにもしつけなくても自分で望まない事はしない、賢いワンコでした。kurumikochanさんの出会ったワンコもこんな感じだったんではないでしょうか?容易に想像できます。
しつけしなくてもいいワンコって究極の「雰囲気の読める、賢いワンコ」ですよ。これこそ理想です。
kurumikochanさんの雰囲気がいいんでしょうね。だから自然にそう導かれるんだと思います。僕もボンにはそうなって欲しいです。
これからも気にせずにコメントしてくれたら嬉しいです。僕も途中で訳が分からなくなる事、多々ありますから。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 21:32 | URL | ≫ EDIT

mimipi-nさんへ

前回は偉そうな事言いました。すいません。。
mimipi-nさんのブログを拝見してて、僕も思いました。すごい甘えたがってる雰囲気がしたんですよ。それは写真から伝わってきました。僕もたまに、訳もなく感動して、泣きそうになりながら戯れる事があります。そんな時は耳をぺったんこにして喜びますよ。短い時間でもそうやってあげて下さい。絶対喜ぶと思いますよ。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 21:40 | URL | ≫ EDIT

かなさんへ

ありがとうございます。。4時間掛かった力作ですんで。。
昔、ワンコ嫌いなのは意外と有利なんですよね。ドッグランとかでも「問題」が問題である事がちゃんとわかったりするんです。好きで好きでどうしようもない人って、ついつい迷惑かけてるのに気付いてない事多いんですよね。
ワンコがバカだからねぇ~って聞くと「バカはお前だよ!」って言いたくなりますよね。もっとみんな気付くべきですよ。
いい出会いはこのブログでもあります。ここにコメントしてくれる人はみんないい人です。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 21:52 | URL | ≫ EDIT

アークママさんへ

今度、記事に書こうと思ってる事ですが、僕が凄い訳じゃないんですよね。諦めが悪いんで、頑張っただけです。
今にして思えばこのトレーナーさんはあくまで普通にボンを見てくれたんだと思います。プロとしては当然ですね。基本通り一通りのコマンドを教えるだけではなんともならない。できれば最初の訓練所で気付いて欲しかったですね。
僕のいつも見てるドッグトレーナーさんのHPでは「飼い主の希望ではなく、犬にあわせるトレーニング」がモットーですからね。

僕なんて全然ですよ。我がままなガキんちょと一緒です。でも、ワンコには真剣になれるんですよね。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 22:00 | URL | ≫ EDIT

とうちゃん、4時間とはよく頑張りました。
素晴らしい力作です。

全面的に犬が好きではなかった気持ち・・・
素直な気持ちよく分かりますよ。

| そらぱぱ | 2007/03/02 22:15 | URL | ≫ EDIT

工場のワンコさん

かわいいですね、とても素直そうな目をしてますね。
この子がとうちゃんを変えたのですね。
これはとうちゃんを見つめてるのかな?
粋なカツラかぶってますね(笑)。

ホント、自分の気持ちを文章で表現するのって、難しいですよね。
でも全然読みづらくなんてなかった。スラスラ読めました。
一所懸命書いたんですね。気持ちが伝わってきましたよ。

信頼関係、私もグレースに教わりました。
今でもたくさんのことを教わっています。
時々頭ごなしに怒ってしまう私。その度に反省します。
とうちゃんの作業服の上に寝てるボン君・・・とってもくつろいで
安心してる表情ですね。これぞ信頼関係!ですよね!

| ご主人No.2 | 2007/03/02 22:42 | URL | ≫ EDIT

4時間だなんて・・・いつもとうちゃんの真面目さが出てますね!僕なんかいつもテキトーです・・・。
僕は犬が子供の頃から大好きで、どんなに牙むかれて吠えられても怖いと思ったことがない子供だったんですよ。でもずーと飼えなくて、こりきが最初の犬です。僕は結構人の言うこととか聞かない人なので、躾に関する本とかもほとんど読まずに我流な方法なんです。その辺は反省もありますが、全くダメな犬にはしていないつもりなので・・・。
ただやっぱりこっちがどうして聞かないんだ!って怒りが入っちゃうと全くだめでしたね。そういう“気”って伝わっちゃうんですよね。
半年ほど前に初めて「犬の十戒」を知った時こりきに泣いてあやまりました。

| こりとーちゃん | 2007/03/02 22:42 | URL | ≫ EDIT

そらぱぱさんへ

他にも数時間掛かるときもありますよ。
最近はどうも22時を過ぎると遅くなります。そんな気しません?やっぱり光なんでしょうか?
たまにドッグランでいてる、人にボールをよこせ!とかボールなげろ!って吠え立てるワンコは嫌いですね。「一回教育してやろうか?」って思います。一度、飼い主の代わりに教育してやったら、飼い主グループ全員から総スカンくらいましたけどね。まぁいいって事ですが。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 23:29 | URL | ≫ EDIT

ご主人NO.2さんへ

あれだけ面白いブログを書くのもすごい事ですよ。コメントも面白いし。
大袈裟に取られないようにしたり、勘違いされないようにと考えて書きました。思ってた事の半分もいえてないです。。いただいたコメントも凄い反響で、お返事に燃え尽きました。。「燃えたよう。。真っ白に」(矢吹丈風で。。)
「人間はワンコより偉い」なんて考えてるとおかしくなってきますね。子育ても同じだと思います。子供(ワンコ)が親を育てる部分もあるんでしょうね。僕はまだ人の親にはなってませんが。。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 23:38 | URL | ≫ EDIT

こりとーちゃんさんへ

我流でもなんでもいいですよ。僕も呼び戻しの練習はノーリードでしたよ。いきなり本番ですから。。草むらや、土手に隠れて探しに来たところで褒める。でした。とーちゃんも話しを聞いてたらできてるんじゃないですか?でも、これはボンを依存症にさせてしまいましたが。。
どんなに経験が少なくても、大切に思う気持ちが強ければ大丈夫でしょう。逆にマイナスな気持ちも伝わるんですよね。ボンもこちらが怒ると落ち着きがなくなります。それって猫にはあまりないんですよ。それがみんなワンコにはまるところなんでしょうね。
犬の十戒見ました。どんなに辛くても最後までは絶対に看ますよ。その自信だけは強いです。
よかったらそらぱぱさんのブログに行ってみてはいかがでしょう?まりものお話しは泣けますよ。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/02 23:47 | URL | ≫ EDIT

実家のワンコがモモちゃんに似てるから見てくださいって言われたの覚えていますよ。
似てるなって思いました。
以前の私だったら気にしていたかも知れませんが、ブログでも雑種仲間がたくさんいます。
そして雑種犬同盟といったサイトもたくさんあります。
だから私は今では雑種というのも一つの立派な犬種だと思っているんですよ。
でも保護犬で里親探しをしても、飼ってくれるひとが少ないというのは事実みたいですね。
ボンのとうちゃんがシェパードの良さを知って欲しいと思うのと同じように、私は雑種の良さをたくさんの人に知って欲しいと思っています。
ほんとに、いつかどこかでご一緒したいですね。
ボンちゃんとも会いたいし、犬のこと話したらきっと話が尽きないでしょうね。

| モモママ | 2007/03/02 23:55 | URL | ≫ EDIT

とうちゃんがボン君をすっごく愛しているのが伝わります。ちゃんとボン君もそれがわかっているし・・・。
とうちゃんの子になれてよかったね!ボン君でよかったですね!

| らぶはな | 2007/03/03 09:39 | URL | ≫ EDIT

モモママさんへ

僕もうかつに書いてしまったと後悔してました。
どんな事で人に嫌な思いをさせるか分からないですからね。気をつけたいと思います。
僕もたまたまボンがシェパードだっただけです。MIXもその子の個性があって、ほんとに可愛いと思います。雑種の十戒というのを見た事がありますが、僕も飼っていたら堂々と出掛けたと思いますよ。なにより健康で病気に強いです。
モモママさんのお仕事と絵が落ち着いたらボンに会ってやって下さい。多分、「こんなに落ち着きないの?」ってびっくりすると思いますから。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/03 19:15 | URL | ≫ EDIT

らぶはなさんへ

とうちゃん子も度がすぎれば依存症ですね。幸いにも仕事に行くときは、大人しくしてくれるんで助かります。でも、お出かけ先じゃ大変なんですよ。トイレもこっそり行ってもバレます。そんな時はピヨピヨ泣いて、みんなに大笑いされますよ。

| ボンのとうちゃん | 2007/03/03 19:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eyetoeye.blog84.fc2.com/tb.php/76-e2ccbe35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。