PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

No More Nuclear

少年と出合った時は、少年が17歳でとうちゃんは26歳だった。

9つ年下だった少年も今は29歳だろうか?高校2年生だった少年の担任の先生ととうちゃんが同い年だった事が印象的だった。

彼の地元は福島県原町市。現在は合併されていて、福島県の南相馬市になる。



その彼の運営するサイトがこちら → No More Nuclear


No More Nuclear(ノー・モア・ニュクリアー)この言葉には「原発はもういらない」という意味がある。

021.jpg
(現在の南相馬の状況です。元少年の友人の許可を得て掲載しています。)

原発の事故によって、復興に大きな障害が発生している事は間違いはない。津波による被害に加えて、放射能の障害。近付こうにも近づけない。売れなくなってしまった特産物もある。


事故を起した原発や対応の遅い政府や東電を恨んでも恨みきれないだろう。


でも、彼らはそんな事を訴えているのではない。

032.jpg

彼らの心の中には、この青くキレイな空の下にはガレキではなく、いつもの地元の美しい風景が浮かんでいるんだろうと思う。

彼らは純粋に日常の美しい南相馬市を取り戻したいだけなのだ。

028.jpg

No More Nuclear 原発はもういらない。

この言葉を実現させるのは容易ではないだろう。これだけの事故が起こっても日本から原発がなくなる事はないかもしれない。

しかし、南相馬市の問題は彼らだけの問題ではないと思う。


夜にコンビニの看板に電気が灯ってなかってもいいじゃないか。パチンコ屋のネオンがギラギラと光ってなくてもいいと思う。
ファーストフード店が24時間も営業しなくてもいいと思うし、デパートの冷房が寒すぎるくらい効いてなくてもいいと思う。

エネルギーを生み出すために、石油燃料をどんどん燃やして二酸化炭素を出している。そして、この原発のように、こんなにも危険な物を原料にして電気を作っている。


とうちゃんは昔から、原発を否定していた人間ではないので、偉そうな事を言う資格はないが、人間の豊かさについて、皆がよく考えないといけないと思う。

000.jpg

2001年に少年に原町市の桃を送っていただいた事がある。

その桃はとても美味しくて、今まで食べた中で原町の桃を越える桃を食べた記憶はない。


一瞬の強い力を発揮していただけなくても、「出来る範囲で継続的な支援」をお願いします。



とうちゃんも純粋に美しい故郷を取り戻したいと願う若者達に力を貸してあげたいと思う。


にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
今日もポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト

| 独り言 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eyetoeye.blog84.fc2.com/tb.php/508-566e10f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。