PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後の八甲田 ~二度目の体験~

昨日は快晴だった八甲田だが、この日もいつものようにうす曇のお天気。

それでも、風は穏やかで、視界も良好だったので、この日も一日2本のツアーガイドをお願いすべく、朝一番のロープウェイに乗って、八甲田ロープウェイ山頂の田茂萢岳(タモヤチダケ)を目指す。

いっぷくするテル君

山頂駅でいっぷくするテル君。

少しずつ気温が上がってきているので、雪質が少し心配だったが、この日も上質なパウダースノーでした。

最終日の八甲田

この八甲田では、以前行った蔵王の樹氷とは少し違って、蔵王の樹氷よりはずいぶんと小さく見える。

しかし、これは木の高さが低いのではなく、積もった雪の多さで、木が小さく見えるだけなのだ。

木が埋まる積雪

この辺りの木で、7メートルはゆうに超えているだろうが、積もった雪の上から見る樹氷は、小さい苗木のようにも見えました。

ワンドに乗って、テンションが上がるとうちゃん

この日は試乗用に貸してあった、青森のローカルボードの「WAND(わんど)」に試乗したとうちゃん。

この青いボードがWANDなのだが、あまりの取り回しのしやすさに、すっかりお気に入りのボードになってしまった。

オープンなパウダーでの浮遊感や、特にツリーに入った時の操作性の良さは抜群で、狙ったツリーとツリーの間は外さない!と思える程の操作性の高さでした。ちなみに「わんど」とは、青森の方言で「俺たち」や「みんな」という意味があるらしい。

ゴーグルを吹っ飛ばした直後です

今日の午前中のコースは「八甲田温泉ルート」。この時期では一番のロングコースが楽しめるコースとの事。

途中のバフバフな斜面で転んで、ゴーグルを交換するテル君。とうちゃんの「大丈夫?」の問いかけに、照れくさそうに返事をしてくれました。

この日も、スノーシューや、平坦な場所ではストックを使いながら、八甲田温泉ルートの、最後にあるメインディッシュの斜面に向かう。


そして、八甲田温泉ルートの最後の斜面に差し掛かったところで事件が発生する。



ここでは長くなるので続きを読むで読んでいただこうと思う。



続きを読まれる前にポチッと一押しの応援をお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!


画像 123

斜面の入り口に入った時はガスが発生していたので見えなかったが、ガスが抜けると、そこに最高の雪と斜面が待ち受けていたのだった。

斜度にして、35度くらいはあっただろうか?場所は山の中腹で、ここを横切って滑ってきたと考えると、頭の中は、徐々に恐怖に覆われてくるのだった。


ガスが少し抜けたところで、上から順番に滑る。


一人、また一人。。そして、4番目にとうちゃんが滑り始めた直後にアクシデントは起こるのだった。


気持ちよくスプレーを上げながら斜面を滑るとうちゃん。


その足元でズルズルと崩れ落ちる雪。まさに、その時に雪崩が発生したのだった!


大声で「雪崩れた!逃げろ!」と叫ぶとうちゃん。


とうちゃんも雪崩れの中を滑る。


かろうじて、安全な木の中に避難するとうちゃん。


とうちゃんは、実は雪崩れに遭遇するのは、これで2度目なのだが、どちらも、雪崩というよりは、表面の雪が流れた程度のスラブだった。


しかし、自分の足元で雪が雪崩れるのを見ながら滑るのは、本当に恐ろしい物がある。



上の写真はガイド同士で連絡を取り合って、安全な所で他の人が滑り降りるのを待っている場面。この写真ではわかりにくいが、正面に雪崩れの跡のデフリが肉眼ではしっかりと見えているのだ。


山には絶対の物はないし、特にバックカントリーでは何が起こってもおかしくはない。


そこに、ガイドがいるから安全といった過信は全く通用しないのである。


とうちゃんも、今回の教訓を生かして、これからは事故のないようにスノーボードを楽しみたいと思う。
スポンサーサイト

| 旅行 | 23:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一位ですね! おめでとうございます?お帰りなさい!かしら?
八甲田の雪景色は、北海道とは違う張りつめ感がありますね。人を寄せ付けないような、そんな感じがします。
雪崩の行は、恐怖が伝わって来ました。足もとが崩れるのは
ホントに怖いですよね・・。

昨日もお邪魔していたんですが、里親募集に行ってしまいました。 簡単に捨てられる子の多さに、悲しかったです。

| フォルまま | 2008/04/11 08:49 | URL | ≫ EDIT

「ワンド」とっても素敵な意味なんですね。
ボードにも滑り心地というものがあるんですね~
どんな物も色々と工夫があるものなんですね。
夫婦での写真がそう言えば少ないですね(笑)
新婚旅行なんだものね(^^♪

大きな木も小さく見えてしまうほどの雪の量には驚きました。
先っぽしか見えていないって事よね~すごいわ。
その横をすべるなんて、空中を飛んでいるようね。

だけど雪崩れの経験が2度目なんて怖いですねぇ。
崩れている上を同時に移動しているわけでしょ?
想像しただけで恐ろしい話!
だけどもしもの事を考えればやっぱりガイドさんは必要よね。
もしも埋まってしまったりしたら即座に対応しなくちゃいけないし。
う~~ん、楽しい事には危険がつきものなんですね~~
無事でよかった。

| なつまま | 2008/04/11 11:37 | URL | ≫ EDIT

フォルままさんへ

こんばんは。
あっ、そう言えば返り咲きしてましたね。僕も順位は気にしてないのですが、やっぱり一位の方が、アウトポイントが多いので、人目につき易いですからね。僕は怖いシェパードのイメージを壊したいと思っているので、たくさんの人にブログを読んでもらうのは、嬉しい事なんです。

実際に八甲田に行った感想は、思ったより斜度がなくて、安全な山と言うイメージでしたが、やっぱり危ないところである事は間違いはないですね。実際にはニセコの方が危険箇所は多いと思いますが、スキー場以外(バックカントリー)はどこも恐ろしいですね。

里親募集ですか?モモママさんのブログに行かれたのですか?他にも、僕のリンクしている、ひなとおかしな仲間達のハナヒナさんもワンコを預かってられるので、リンクをさせていただこうと思っています。
命を簡単に捨てれる人って、自分も傷つかない性格をしてるんでしょうね。その分、味わえる感動もないと思います。そんな人って、本当に寂しい人たちですね。

| ボンのとうちゃん | 2008/04/12 00:24 | URL | ≫ EDIT

なつままさんへ

こんばんは。
八甲田には、八甲田のローカリズムみたいな物があって、他には「八甲田」と「白神」と言う銘柄のスノーボードもあるんですよ。ステッカーも八甲田の物はたくさん売ってましたし、青森のスキーヤー、ボーダーは八甲田には思い入れが強いように感じました。

ボードの形状もいろいろあって、普通のフリースタイルのボードもあれば、明らかにパウダースノーを滑る形状をしている物もあります。このワンドも明らかなパウダーボードだったのですが、やっぱりパウダーでの取り回しのしやすさは、普通のフリースタイルのボードでは敵わなかったでしたね。

この景色も、ガイドさんが教えてくれたんですよ。「ここは5メートルくらいは積もってるから、木が短くみえるんですよ」と教えてくれました。蔵王では樹氷原の中を滑る事は出来ませんでしたが、八甲田では実現できてよかったと思っています。

雪崩は2回目ですが、いずれも自分がトリガー(原因)だったように思います。
雪崩の中を滑るのも、薄い層が崩れた程度だと、その上を一緒に滑る事は出来るんですよ。でも、これが大きく層になって崩れたのでしたら、そうはいかないでしょうね。
一応、ガイドさんは救出する道具を持って付いて行ってくれます。雪崩では埋まってから1時間以内で救出しないと、生存率がかなり落ちるので、時間との戦いですからね。
僕もこれからは、もっと気をつけて滑ろうと思います。楽しい事をしても、自分の体は大事にしたいですからね。

| ボンのとうちゃん | 2008/04/12 00:36 | URL | ≫ EDIT

おひさしぶりです!

こんばんわに!
一気にブログ読ませていただきました!
たのしかったんですねー!!
ニセコではあんまり滑れなくて残念でしたね・・・
でも、その後を満喫してるようで、読んでてこっちが楽しくなってきました!

また一緒に滑ろうねぃ!

| しおっぴ | 2008/04/12 23:38 | URL | ≫ EDIT

しおっぴさんへ

こんばんわんこ。
お久し振り!もうシーズン終わった感じだけど、元気ですか?
今回は天候がちょっと×だったけど、八甲田ではこんなに晴れましたよ。しおっぴが行った時もこんなに晴れた?

今シーズンは終わったけど、来年も関東には行きたいと思っています。今度は、カグラで一緒に滑りたいね。またキレイな女の人になったしおっぴに会いに行きたいです!

| ボンのとうちゃん | 2008/04/13 01:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eyetoeye.blog84.fc2.com/tb.php/302-b093415c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。