PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬を飼うと言う事。。

とうちゃんの仕事は毎朝9時から始まるので、遅くとも、8時50分には家を出るのだが、今朝は遅刻寸前の8時57分まで家でテレビを見ていたのだった。
そのテレビは、小倉さんの「とくダネ!」で、福岡県でお婆さんが土佐犬に襲われて、襲われたお婆さんが亡くなったという、なんとも痛ましい事件の特集だった。

以前は、愛知県の瀬戸市で、放し飼いにされているグレート・デンが主婦を襲って怪我をさせた事件があったが、またも、同じように無責任な飼い主のせいで繰り返される悲劇。
今回の土佐犬の飼い主も、完全に施錠ができない檻で飼っていたため、犬が自分で抜け出した事による事件だったらしい。

とうちゃんは、こういった事件が起こる度にいつも思うのだが、勝手に抜け出してしまったとしても、人を襲うワンコに育ててしまった事に、強い憤りを感じてしまう。

どうして人を襲うようなワンコに育ててしまったんだろう。。この飼い主も番犬として、この土佐犬を迎えたそうなのだが、番犬として迎えるにしても、人の優しさや愛情を教える事しなかったのだろうか?



とうちゃんも何度かワンコに噛まれた事がある。一度は社長が飼っているダックスで、二度目は自転車を押して、歩いているだけなのに、横を散歩している柴犬に突然アキレス腱を思い切り噛まれた。

社長のダックスは、社長と同じ作業服を着ているとうちゃんに不快感を感じての攻撃だと思うし、柴犬はボンの匂いがするとうちゃんが、どうにも怖かっただけなのかもしれない。

しかしそれでも、絶対に人を噛むような犬には育ててはいけないと思う。

画像 023

犬飼いはワンコに、人の優しさを教え、人と暮らす喜びをワンコに教える事が必要だと思うし、その事に、犬種や犬の体の大きさは関係ない思う。

今、一緒に暮らしているボンでも、本気を出せば、力の弱い子供や女性だったら、死に至らしめる事が出来るのだから。


とうちゃんも、これからの人生で、どれだけのワンコと生活を共にするかはわからないが、絶対に人を襲うようなワンコに育てないように努力しようと思う。


一日一回ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

よろしければこちらにも。
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!


スポンサーサイト

| 未分類 | 21:35 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うーん・・・

土佐犬については・・・、人というよりも「噛む犬」として、闘犬として育てられていたはずですから、なんともいえないです。

ちゃんと育てれば、もしかしたら、人は噛まないけれど、犬は噛むとすることもできるのかもしれないけれど、でも難しいですね。荒々しい気性に育てられているものですから。

だから、管理することが一番大切ですね。

それ以外の犬にとっては、噛まないように育てるということは、本当に大切なことだと思います。
でも、犬には「絶対」はないと、肝に銘じてもいます。

犬は犬という考えはもっていないと、「うちの子は大丈夫」という思い上がりになってしまわないようにと、常に100%はないと、自分に言い聞かせています。

でも100に近づける努力はしていかないといけませんよね。

| ゆか | 2007/12/07 22:22 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/12/07 22:49 | | ≫ EDIT

NoTitle

土佐犬の事件の話は直接見てないんですけど、おかあが見てました!
お昼に食事に帰るなり、聞きました!
その土佐犬の顔が、レックスにそっくりだったとか・・・・
悲しそうな顔を見るのが辛かったと言ってました。

その飼い主は毎日散歩にも連れて行かなかったとか・・・・・・
聞いてて、毎度毎度のなんともならない飼い主パターンだと思いました!
だいだい、動物の気持ちになって考える事が出来ない人は、動物を飼うべきじゃないと思います・・・・

| takumaru | 2007/12/07 23:08 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

こういう事件のたびに結局犬が始末されるのです。
人の都合で飼われ人のせいで一生を終えるのはあんまりです。

| korobokkuru | 2007/12/07 23:32 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

私はぷりんを飼ってみて、噛むという事に
いろいろな理由があることを初めて知りました。
気の荒いワンコ、臆病なワンコ、それぞれの
性格によって接し方も違いますね。
飼い主さんの育て方で、ワンコの性格は
良くも悪くもなると信じています。

土佐犬の飼い主さんも番犬にするにせよ、
他人には絶対に迷惑をかけないようにする
必要があったのに、飼い主には歯向かうことが
なかったから気が緩んでたのでしょうか。
事故を起こしてしまうと、結局かわいそうな目に合うのは
ワンコ自身なんですよね。
本当にワンコの事を考えるなら、きちんと施錠をして
こんな事故が起こることのないようにしなくちゃいけなかったのに。
よく「このコは何もしませんから」ってオフリードにしてる方も
いらっしゃいますが、やっぱり人のいるところではその言葉は
飼い主さんだけのものであって他人には通用しないってことを
もっとたくさんの人が知るべきでしょうね。

| きゃらめるママ | 2007/12/07 23:36 | URL | ≫ EDIT

ゆかさんへ

こんばんは。
先ほどはありがとうございました。相変らずカワユイコトちゃんに会えて、とっても嬉しかった!

僕は安易に「絶対」と書いてしまった事を後悔しています。だって、何事にも絶対なんて、なかなか存在しないですもんね。

僕は犬が嫌いで、ずっと猫を飼っていました。ですんで、犬の嫌いなところはよく理解しているつもりです。で、そんな僕が、あまり問題のないボンを飼ってしまったので、「ボン(犬)は絶対に噛まない」ように出来ると思い込んでるんだと実感しました。
いくら信頼関係が築けたとしても、「絶対」は存在しないでしょうね。 

ワンコを幸せにするのも、不幸にするのも飼い主次第ですよね。僕も「ボンは絶対」なんて思い上がらずに、これからも努力していこうと思いました。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/08 17:42 | URL | ≫ EDIT

鍵コメさんへ

あいrがとうございました。今から忘年会なんで、帰ったらメールしますね。ほんまに可愛いから、ビビらないように!

| ボンのとうちゃん | 2007/12/08 17:43 | URL | ≫ EDIT

takumaruさんへ

こんばんは。
この土佐犬は28キロくらいしかない、小柄なワンコだったんですが、僕も正直レックス君に似てると思いました・・あの、映像で写ってた悲しそうな顔を見ると、本当に可哀相になってきますね。
自分のワンコを守るのと、他の人に迷惑をかけないのは、同等のはずです。
この飼い主にも、もっとそんな自覚を持って欲しかったですね。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/08 17:47 | URL | ≫ EDIT

korobokkuruさんへ

こんばんは。
前のグレートデンの時もそうですが、改善されるべきは飼い主なのに、結局はワンコが処分されるんですよね。
前のグレートデンもこの土佐犬も、檻に入ってる時の怯えた顔がとても印象に残っています。
なんとかこの子達に温かい家庭を探してあげて欲しいとおもうのですが、それが許されないのは悲しい事ですね。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/08 17:50 | URL | ≫ EDIT

きゃらめるママさんへ

こんばんは。
僕は途中からボンを飼ったので、仔犬に噛まれると言った経験は全くなかったんです。僕の場合は初めてのワンコで、ボンだったので、「犬は絶対に噛まないように育てれる」と思い込んでるんだと思いました。
なんにでも、「絶対」なんて、なかなか存在しない事を忘れていましたね。

ワンコが噛むのはいろんな理由があるんでしょうね。だからこそ、自分のワンコの性格を見極め、それに合った正しい接し方を学ばねばならないと実感しています。
臆病なワンコなら、怖がらずに済むように飼い主が強くならないといけないですし、気の強いワンコなら、それ以上に強くならないといけない時があると思います。

自分のワンコを守るのと、他人の迷惑を考える事は同等と考えるべきだと思いますよね。
「自分の犬は絶対に大丈夫!」僕もボンとの生活で、ついつい考えてしまう油断ですが、これからは油断することなく、気を引き締めて暮らしていこうと思いました。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/08 18:03 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/12/09 01:05 | | ≫ EDIT

NoTitle

タイのお寺で、保護されたトラを飼っている、という話があります。
お坊さん達は、まるで「でっかい猫」のように扱い、「でっかい犬」のようにリードを使って散歩をします。


先日、それをもっと詳しくやってたのですが、「人を襲わないトラ」にするために、えさは、骨なし・血なしにしたゆでたチキンだそうです。

あの獰猛といわれるトラでさえ、人を襲わないように育てることは可能なんですね。
人にとって一番身近なペットとしての犬にだって、そう育てることは可能なはずですよね。
愛情を持って、ちゃんと人も努力をすれば。

| まなたん | 2007/12/09 01:58 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

咬むには犬なりの理由があるんですよね。
その理由付けが飼う人間次第なんですよね。
犬自身には罪はないのにね。
こんなニュースを聞くたびに
なんだかやるせない、いたたまれない気持ちになります。

↑のトラのお話、すごいなぁ~!
どんな事の根底にもあるべきものは「愛情」ですね!



| ハナヒナ | 2007/12/09 03:17 | URL | ≫ EDIT

鍵コメさんへ

おはようございます。
僕も全くそのその通りだと思いますよ。ワンコは飼い犬として飼っていても、やはり動物の本能もありますもんね。
だからこそ、本能を超える絆が必要なんだと僕も思っています。
本能を超える絆って凄く僕の心に響きました!

| ボンのとうちゃん | 2007/12/09 10:30 | URL | ≫ EDIT

まなたんへ

おはようございます。
僕も前にテレビで見た事がありますが、動物園の同じ檻で、ラブラドールと虎と羊かブタかを飼っている映像を見ました。普段は食料のブタか羊も同じように飼っていた事に驚いた記憶があります。

動物は人間より遥かに鋭い本能を持っているとは思いますが、まずは努力ですよね。努力しないで、なんでも本能や犬種の持つ特性のせいにするのは、飼い主の怠慢だと思いますよ。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/09 10:35 | URL | ≫ EDIT

ハナヒナさんへ

おはようございます。
こんなニュースを聞くたびの憤りを感じますね。でも、他にはシェパードや秋田に噛まれたらニュースになるのに、小型犬に噛まれても「ゴメンナサイ」で済んでしまうのもどうかと思いますよね。僕もこの時柴犬に噛まれましたが、事件になんか絶対にならないですもんね。

僕も前にテレビで。同じ檻で飼われているラブと虎とブタかなにかの映像を見ました。子供の頃から、当たり前のように触れ合っていたら、そんな事が可能なんですね。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/09 10:39 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/12/09 20:52 | | ≫ EDIT

鍵コメさんへ

こんばんは。
本当に悲しい事件ですね。

こんな事件の度に、元凶とばかりに処分されるワンコが可哀相でなりません。

もう2度とこんな事件にならないように、全ての犬飼いの人が、犬嫌いな人と、お互いに気持ちよく共存できるように、努力して欲しいと願わずにはいられないですね。

| ボンのとうちゃん | 2007/12/09 22:43 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/12/10 12:37 | | ≫ EDIT

鍵コメさんへ

こんばんは。
コメントを頂いている事に気付いていませんでした。

僕も、全くストレスだとは思ってないのですが、やっぱり見てても不安になりますもんね。

来年から始められるんでしたら、心強いです。僕もボンも頑張るんで、いろいろ悩んで、一緒に成長しましょうね!

| ボンのとうちゃん | 2007/12/11 20:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eyetoeye.blog84.fc2.com/tb.php/234-dc8c4010

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。