PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飼い主の責任

この時期になると思い出すのが、去年のボンの骨折。

これは。ブログを始めた頃に書いた事があるのだが、ボールを取ろうと飛び上がったボンは着地に失敗して、足をくじいて骨折したのだ。

20071107231204.jpg

それまでは、ボールを上に投げては、バウンドするボールを取ろうと飛び上がるタイミングのずれと、飛ぶ格好の面白さに、何度も投げていたのだが、まさか着地で骨折するとは思いもしなかったのだった。

20071107231600.jpg

それ以来、ボールは絶対に上には投げないようにしているのだが、普通に横に向かって投げても、写真で見てみると、足への負担がいかに大きいかがよく分かる。

20071107231742.jpg

骨折した直後はかなり痛かったようで、30秒ほどずっと泣き叫んでいたのだが、その後はびっここそ引くが、自力で立ち上がったので、その日は鎮痛剤を処方してもらって家に帰る事にしたのだった。

そして、骨折している事が判明したのは、それから3週間以上も経ってからの事だった。

20071107232837.jpg

まずは無事である右足のレントゲン写真です。

一応、腫れは残っていたので、散歩は短めで、走らせることもしなかったのだが、3週間を過ぎても、腫れが全く引かないので、レントゲンを撮ってみると、骨折している事が判明。

とうちゃん、その時は相当ショックでした。。

20071107234357.jpg

問題の左足のレントゲン写真です。矢印の先に砕けている骨があるのがわかりますでしょうか?

これはセカンドオピニオンで診てもらった病院で撮ったレントゲンなのだが、技術的には手術は可能なのだが、術後のボンへの負担を考えると、敢えて手術に踏み切ることもないだろうと結論に達したのだった。

20071108002948.jpg

実際、痛い方の足で痒いところはボリボリと体を掻くし、骨折が判明する1週間前にはドッグランにも行ってまして・・その時も楽しそうに走っていたし・・

その後はさらに1ヶ月の安静が必要となったのだが、その期間は本当に辛いものがありました。

そして、現在は骨の修復した箇所が若干膨れてる感はあるのだが、走ったりするには全く不安もない様子で、とうちゃん達も安心している。


自分のワンコの健康に気を配るのは飼い主の責任なのだが、出来る事ならばこのような事は二度と起こって欲しくないものだ。

そろそろ顔には白い毛が増えてきたボンにはこれからのケアが本当に大切だと思う。出来る限りゆっくり年を取ってもらえるように、これからもボンを大切に育てていこうと思う。


一日一回ポチっと応援お願いします。
FC2ブログランキング

よろしければこちらにも、只今シェパ部門2位です。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ今日も応援ありがとう



20071108011607.jpg

ちょうど、来年の手帳が出回る10月頃から付け出したボンの健康手帳。

これには、何を食べたか、何を食べてどれくらい体を掻いてるかを書くようにしている。

ボンの体の変化にいかにして早く気付いてあげれるか。これからも注意深く診て行こうと思う。

スポンサーサイト

| 独り言 | 01:26 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

もう一年前ですか…

はいはい、その事件は覚えてますとも。

とうちゃんが慎重な面持ちで…私たちみんなにレントゲン写真を見せて説明してましたねーv-219
あの時の父ちゃんの姿を見て、あーーほんとに愛してるんだなーと思いました。
そしてあの時、父ちゃんが呼べば必ずボンが傍にくる忠誠心を知りました。

すっげーーーと、正直に思いましたv-22
周りに、そういう主従関係やら家族関係やら全部ひっくるめたようなすごい関係を保ってると私が感じるような、動物&人間はいなかったから。

私は隣の家のシロで遊んでもらうことくらいしか…笑
でも、最近、私には芸をするようになったんだよ!
エサもあげてないのに、これにはちょっとびっくり。
ただの「バカ犬」じゃないってことは証明できたかな…笑

| ぐっすまなたん | 2007/11/08 03:06 | URL | ≫ EDIT

ワンコって少々怪我をしていてもコチラが気がついてやらないと
遊び続けるらしいですね。
人間と一緒で発見が遅れるほど、安静は長くなるんでしょうね。
骨が折れている痛みより、安静にしていなくちゃいけない方が
ワンコにとってはずっとずっとストレスでしょう。

ボンちゃん手帳、すごいですね~。
とうちゃんの愛がぎっしり詰まってるって感じです。
私は我が子の育児日記さえ1週間しか書いてないから(汗)
今はブログがぷりんの成長日記になっています。
サーバーがダウンしたら終わりですよね…

| きゃらめるママ | 2007/11/08 12:11 | URL | ≫ EDIT

ボンちゃん 痛かったでしょうねぇ…。
パパさんもつらかったでしょう。
飼い主が気をつけてやらないと いけないですね。

うちは もうすぐ11歳と8歳…。
小型犬だけど いろいろ気をつけないといけない年です。

近所に24歳の中型犬がいます。
お父さんが 毎日お散歩してるみたいです。
脚はしっかりしています。
1週間散歩できなかったら 歩けなくなったので 毎日散歩してやらないといけないと おっしゃってました。
みんな元気で長生きして欲しいですね。

| 桃花 | 2007/11/08 19:06 | URL | ≫ EDIT

ボールで遊んでいて骨折してしまったんですね。
ほんと、ワンコはよっぽで、苦しかったり痛かったりでない限りは我慢して普通の生活をしてしまうんでしょね。
とうちゃん、ボンちゃんの健康手帳を付けてるなんてすごいですね。
やると良いのは解かっていてもなかなかできないですよ。
何か会った時にはとても助かりますよね。
私もやりたいけど、きっと3日坊主になっちゃうだろうな~

| モモママ | 2007/11/08 20:24 | URL | ≫ EDIT

あ~レントゲン見るだけで痛そう!
とうちゃんさん、辛かったでしょうね。
ボン君のとうちゃんがとうちゃんさんでよかったですよね~(←わかりにくい)

なかなかこまめに健康手帳なんてつけられないものですよ。
いやいやびっくり、恐れ入りましたです~!

足・腰によいツボマッサージお教えしますね。
長くなるのでメールで、ってアド知らないかi-182
メアドよかったら教えてくださいませね。

| アイシャママ | 2007/11/08 23:04 | URL | ≫ EDIT

そんなことがあったんですか。
飼い主の責任といっても
気を付けてても気を付けてても・・・
事故は起こります。わんも人も一緒です。
だからあまりに責任という重みを背負わないように、
自分が辛くなりますから、ぎこちなくなってしまいますから。・・・なんて自分に言い聞かせてるみたいですが。
うちのジョンも、1歳ちょっと前交通事故で右足を轢かれました。おでかけから帰って車から降ろす時、ちょっとした隙に道に飛び出してしまいました。
これは完全に私の不注意ですね。
右後ろ足の親指?の靭帯が切れ、傷が付かないようなら指の切断になる所でした。
不幸中の幸いで、化膿することなく傷は綺麗に治りましたが、今もその指は機能してません。
やっぱりこれは飼い主の責任だな~と思いますが。
それ以来絶対車の前には出ないジョンです。
何か嫌な事辛い事、痛い目にあったら
もう止めようねって・・・今後の教訓になれば
飼い主・わん共に成長出来ると思います。

| mama-san | 2007/11/08 23:28 | URL | ≫ EDIT

そんなことがあったんですか。
人間と比べて、動物はしばらくたつと平気な顔して走っていたりするので注意が必要ですね~。

とにかく現在は元気なようで何よりです。(^^)

| かずまさ | 2007/11/09 19:50 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!

ご無沙汰しておりました!
そうですか、そんなことがあったんですね。

私はごく最近、春ちゃんに痛い思いをさせてしまったので、その時のことを思うと、パパさんの気持ちがよくわかります。
犬ってすごいですよね。
多少?の痛みでは我慢してしまうし。
私も、競技会に出てましたし…
春ちゃんも、楽しそうにしてたし…

私も、これから、ちゃんとしっかりした飼い主になれるように頑張ろう!
パパさんは、立派な飼い主ですよ!

| Rie姉 | 2007/11/09 20:51 | URL | ≫ EDIT

ぐっすまなたんへ

こんばんは。
そうそう、ちょうどセカンドオピニオンで別の病院に行ったあとに長野に行ったんですよね。そして、乗鞍の剣が峰に昇って。早いものであれから一年なんですね。

ワンコを飼ってる人はたくさんいるけど、真剣にいろいろと考えている人ってなかなかいないように思います。ブログをやっていれば、一生懸命の飼い主出会う事が多いけどね。でも、全体で見ればなかなかちゃんとしてる飼い主さんってまだまだ少ないですね。

もともとのバカ犬なんていないと思いますよ。シロちゃんも、ちょっとした芸をやって、見ている人が喜んでくれるのが楽しいのでしょう。人に(餌以外で)何かを求める気持ちをもってくれたら、犬はどんどん伸びると思いますよ。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/09 22:27 | URL | ≫ EDIT

人間でも骨折したら痛いし、治るまでいろいろ我慢しなあかんし、とストレス溜まるよね~。
まして遊ぶの大好き・ボール大好き♪なボン君ならもっと辛かったやろうね。

あんも足の痺れがとれないままです。ワクチンを優先にしたので当分の間、薬はお休みしています。
よく診てくれるという病院も教えてもらいました。
1つは東大阪にある“ふくい獣医科”で、そこは3人の方に教えてもらいました。ただすごく遠いので、車酔いの酷いあんに毎度辛い思いさすのは可哀相かな~と。
で、枚方にある“わきもと動物病院”もよく診てくれると聞いたので、一度連れて行く事になりました。
これで同じ病名なら、この病気とあんが生きてる限り闘っていきます!

| さと | 2007/11/09 22:49 | URL | ≫ EDIT

きゃらめるママさんへ

こんばんは。
ワンコって異常に痛みに強いところがありません?ボンの場合は散歩で足をグニって踏んでもケロッとしていますよ。前は足に釣り針が引っかかったんですが、引き抜いても何も言わなかったですしね。

ボンの場合は安静にするのがストレスでしたね。それで、あまりに落ち着きがなくなったので、思い切ってドッグランにも連れて行ったんですよ。でも、その後に骨折が判明して。。その時はさすがに後悔しましたね。

ボンは微妙にアレルギーもありそうなので、書くようにしました。いい事はどんどん習慣づけようと思っています。でも、僕もちょっと忘れると書かなくなりそうなので、頑張って書くようにしています。何事も続ける事は大変ですが、いつシャンプーしたとか、海に入って体を痒がったとか、付けだすと便利に思えてきますよ。きゃらめるママさんも、プリンちゃんの訓練日記をつけられたらいかがでしょう?書いてみたら、プリンちゃんの成長記録みたいで楽しいと思いますよ!

| ボンのとうちゃん | 2007/11/09 23:01 | URL | ≫ EDIT

桃花さんへ

こんばんは。
痛みに強いボンですが、さすがにこの時は悶絶してましたね。それに、僕もとっても後悔しましたよ。

モモちゃんが10歳で、ぷりんちゃんが8歳なんですね。小型犬は大型犬より長生きですが、シニアのお年頃なのにはかわりはないですもんね。これからのケアで寿命が決まると思いますし、気をつけてあげたいですよね。

なんと!24歳のご長寿ワンコがいてるんですか?嫁は前に19歳まで柴犬を育てていましたが、24歳とは驚きです。しかも散歩もちゃんとできてるなんて、本当に凄いですね。
ボンは大型犬なので、そこまでは無理でしょうが、長生きしてもらいたいと思っています。出来る限りゆっくりと老いてもらいたいのは飼い主の最高の希望ですね。
桃花さんもモモちゃんとぷりんちゃんのためにも頑張って下さいね。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/09 23:14 | URL | ≫ EDIT

モモママさんへ

こんばんは。
そうなんですよ。。骨折させたのは僕の責任なんです。この時はさすがに凹みましたね。。

ちょうど新しい手帳が出回るので、前から待っていたんですよ。これにはシャンプーをしたとか、体重とか、何を与えた時にどれくらい掻き毟ったとか書いています。ちょっと面倒といえば面倒なんですが、書き出すと意外と便利に思ってきますよ。
よかったらモモママさんも書かれますか?読み返してみると意外と楽しいもんですよ。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/09 23:23 | URL | ≫ EDIT

アイシャママさんへ

こんばんは。
破片としては小さい物ですが、付いている物が壊れた破片ですもんね。僕も見て、寒気がしましたよ。
いえいえ、分かりにくくはないですよ。こんな僕でもボンにとっては親ですからね。アイシャママさんに褒めていただいたと思って、喜んでおります。
そして、手帳ですが、さらに褒めていただいて、とっても嬉しいです!アイシャママさんに褒めていただけるのは自分自身、とっても自信になりますよ。

足、腰にいいツボマッサージですか?それはとっても嬉しいです。最近は寝ていても腰痛なんですよね。それに、左足のヒザは慢性の炎症なんです。
詳しく教えていただけるのは嬉しいのですが、お忙しいのに大丈夫ですか?でも、お言葉に甘えてアドレスお知らせしますね。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/09 23:51 | URL | ≫ EDIT

mamaーsanさんへ

こんばんは。
僕の場合は完全に僕の不注意ですね。ボールを取ろうと飛び上がる姿を見て、いつかは怪我するかも?ってうすうすは思ってたんですが、怪我が現実になった時は本当に凹みましたね。。

ジョン君もそんな事があったんですね。でもジョン君はしっかりと教訓になってますし、痛い思いはしましたが、それが無駄にはなってないですね。
でも、ボンの場合はこっちが気をつけないと絶対にまたやってしまいますね。やっぱり体重が重いワンコは気を使いますね。。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/09 23:59 | URL | ≫ EDIT

かずまささんへ

こんばんは。
ちょうど去年の今頃なんですが、ずっと散歩は短めの日が続いていたんですよ。この頃は歩き方も変だったんですが、幸い後遺症も残らずで。。
でも、絶対に気をつけたいですね。この時は心も財布も本当に痛かったでした。。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/10 00:03 | URL | ≫ EDIT

Rie姉さんへ

こんばんは。
こんな時はホントに凹みますよね。僕もRie姉さんのお気持ちがよくわかりますよ。
でも、痛いはずなのに、痛い足でボリボリ掻いたり。。そうかと思えば、掻いてて、痛くなったら「ピー!」っていきなり泣いてみたしして。。
でも、春ちゃんの容態もおちついたようで、本当によかったですね。

僕が立派な飼い主ですか?いえいえ、全然そんな事はないですよ。でも、Rie姉さんにそう言っていただけるのはすっごく自信になりますよ!

| ボンのとうちゃん | 2007/11/10 00:10 | URL | ≫ EDIT

いくら体がデッカイとは言え、人間の尺度じゃなくて、犬の気持ちで考えてあげないといけませんよね。
確かに油断すると、こっちもいい気になってしまって・・・自分も気をつけないと!

| あきらマン | 2007/11/10 02:07 | URL | ≫ EDIT

さとさんへ

おはようございます。
昨夜は眠くて寝てしまって、今日は朝から大阪なんで、起きてコメントしてます。僕って偉いでしょ?
ボンの足も、手術をしようと思えば出来るんですが、ワンコは人間のように術後大人しくしてくれないですもんね。ですんでm手術はしないで、時間薬で治すことにしたんですよ。
あんちゃんの足は相変らずなんですね。薬も、ステロイドを使い続けるのも辛いですもんね。
僕は枚方に住んでる時はずっと同じ病院に行ってました。そこはインターンが多いので、ちょっと。。って感じもするんですが、院長の腕は確かです。でも、ちょっと発言にデリカシーがないんですよね。あえてクールを装ってるとも言えますが。
今の先生は信頼してても、別の先生の意見を聞く事は大事な事だと思いますよ。いい治療法が見つかるといいですね。頑張れ(素敵な)オカン!

| ボンのとうちゃん | 2007/11/10 07:10 | URL | ≫ EDIT

あきらマンさんへ

おはようございます。
忙しい花金は終わりましたが、腰は大丈夫ですか?
大きなワンコで、しかも痛みに強いボンですからね。本当にこちらが気をつけてあげないといけないと思ってます。

他のワンコでも、肉球の弱いワンコは、遊ばせすぎてパックリなんて事もありますからね。ワンコを守るのは飼い主の責任です。本当に気をつけてあげないといけないですね。

| ボンのとうちゃん | 2007/11/10 07:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eyetoeye.blog84.fc2.com/tb.php/220-980ff3b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。