PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワックス台。

昨日、今日と寒い!!屋外での肉体労働はこたえます!!特にここは風が強い。それとこの家は寒い!築50年の木造住宅は隙間風だらけです。ボンもすっかり丸くなって、まるで猫のようです。長い胴体を丸めて寝ております。大きさを比べる物がないんでビデオテープを乗せてみました。そんなに丸くなるほど寒いのか?ボンはお前は犬だろ?
20061204224743.jpg

ところで冬の準備はバッチリですか?特にワックス。僕は最近、不勉強なんで新しいワックス事情には疎いです。ベース作りいらずのサーモバックとかもあるようですが、家で毎日できる準備といえばベース作りでしょう。男たるものゲレンデの駐車場でシコシコワックスしてる場合じゃありません。そこで簡単に作れて、家でも気がねなくワックスが削れるワックス台の作り方を紹介したいと思います。しかも1シーズン使える優れもの!用意するのは段ボール箱3個。ガムテープ。カッターナイフ。以上です。
段ボールはオムツやティッシュ等の物がいいでしょう。できるだけ硬い物を選んで下さい。2個は同じ物を揃えた方がいいです。まず、大きな方の段ボール(2個揃える方)を切ります。
20061204225612.jpg

短いほうの辺を縦に切ります。片方の端っこだけガムテープで止めて箱にします。
20061204230218.jpg

もう一つの箱も切って、重ね、大きなマスのようにします。これが受け皿になります。
20061204225949.jpg

次にもう一つの箱を切ります。胴体を輪切りに真っ二つって感じですね。この箱はみかんとかの箱でもかまいません。要は腰の強さです。
20061204231027.jpg

これを先ほど作った受け皿の中に入れると出来上がり!切った方を上にするとバインが付いててもしっかり固定できます。付いてなければどちらでもかまいません。意外としっかりしてるんでワックスも余裕で削れます。受け皿の方は隙間にガムテープをしっかり張る事で削りカスが漏れる事を防ぎます。さらに受け皿の箱をスライドする事で短い板から長い板まで対応でき、使わない時は多少コンパクトにする事ができます。
20061204231616.jpg

これだと高価な部品は使ってないんで、シーズンオフにはゴミ袋に詰めてポイできます。どうですか?なかなかいいでしょう?でも、一つ問題があります。それは場所をかなり取るという事です。ほんまにでかいから部屋が広くないとね。。(よくわからなかったらコメント下さい。詳しく教えます)
スポンサーサイト

| スノーボード | 23:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
訪問記録からやってまいりました。
ボン君ってどこかであった気がするんですが??
また遊びに来ますね。。

| はなケンママ | 2006/12/04 23:54 | URL | ≫ EDIT

すばらしいです。
よく考えましたね?
作りは単純ですけど、なかなか思いつかないです。

| 横乗り男 | 2006/12/08 00:03 | URL | ≫ EDIT

横乗り男さん、はじめまして。横乗りさんもなかなかのスノージャンキーのようですね。こちらからも遊びに行きます。楽しいゲレンデ情報でも交換しましょう。よろしくお願いします。

| とうちゃん | 2006/12/08 02:10 | URL | ≫ EDIT

まじ天才。今年はこれでいきます。

| | 2008/11/08 17:59 | URL | ≫ EDIT

名無しさんへ

こんばんは。
天才と言っていただけたのは、生まれて初めてだと思います。めちゃめちゃ嬉しいです。

ちょっと場所は取りますが、ワックスは必須ですもんね。いっぱいワックスして、ガンガン走る板で滑りまくって下さいね。

| ボンのとうちゃん | 2008/11/09 23:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eyetoeye.blog84.fc2.com/tb.php/14-f45ec8ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。