2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

困った親切

愛知に住んでいた時は、ドッグランに行かない限り、他のワンコとの触れ合いはなかったが、大阪で暮らしているとたくさんの犬飼いさんに出会う。

ボン一家の家の並びだけでも、半分くらいのおうちが門に犬ステッカーを貼ってあるし、とうちゃんのお隣さんは2頭の犬を飼っている。

犬に対する考え方は人それぞれでいいと思っているのだが、今回はちょっと困った親切について。

ダッシュ1

ある日、嫁が家に帰ってくると、留守番をしていたボンが何かを噛んでいる事に気付く。

「ん?木の枝か何か齧っているのか?」そう思いながら、噛んでいる物を取り上げると、それはなんと犬用のガムのローハイドだった。

ダッシュ2

取り上げたローハイドは小さな物だったが、大きい物だと食べ切れなければ埋めてしまうだろうし、後で掘り起こした物を食べて、お腹を壊す事もあるだろう。

まして、あがさんの記事を読んでからは、とてもじゃないがローハイドを与えようと思わなくなった。

ダッシュ3

それにしても、どうして勝手に人の犬にオヤツを与えるんだろう?

留守中に隣接している庭を歩くたびに警戒心から吠える事もあるだろう。そんな警戒心を持たせないように気を遣ってくれてるのだろうか?

ダッシュ4

お隣さんは昔から犬と生活を共にしていた、犬が大好きな一家だ。

前にボンが首を痛めた時は、ボンがあげる悲鳴を聞いて、一緒に涙まで流して心配して下さった。

そこまでボンの事を心配してくれるのなら、もう少し与える物とシチュエーションにこだわってもらいたかったが。。。


とりあえずボンには仮病で腹痛とアレルギーになっていただいて、やんわりと、この困った親切についてはお断りをしようと思っている。




今日も応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ


FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!
スポンサーサイト

| 独り言 | 00:48 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。