2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボン小屋、完成!

うすうすは分かっていた事なのだが、真夏でもエアコンがいらないくらい涼しい家は、冬は凄く寒いと言う事。

特に、今は嫁とボンがいないので、夜一人で家にいてると、この寒さはとても身にしみる。

画像 186

愛知の家でも夏は涼しく、冬はもの凄く寒かったが、家の中とは逆に、冬でも暖かかったのがボンの小屋。

前の飼い主さんの話しでは、ボンは小屋には入らなかったのだが、この小屋には喜んで入ってくれて、小屋を「ハウス」と教えた記憶はないのに、「ハウス」と言えば自分から小屋に入っていくほどこの小屋が好きだった。

P9200013.jpg

ボン小屋の大きさは、大体畳み1畳ほど。

家探しにあたっては、この大きさのボン小屋を置く事ができる庭付きの家を探すのも、とうちゃんの大きな使命でもあったのだ。

ちなみにこの屋根はどうしても、この屋根がよかったので、わざわざ愛知のカインズホームから近くのカインズホームまで取り寄せていただきました。

CA2AP5EF.jpg

小屋はあっという間に完成したが、ボン一家では留守中はボンは外で過ごしてもらう事になっているので、庭の中で仕切りも必要。

CAWQ2MG3.jpg

表側は人の高さくらいのフェンスを作る。

前の家での経験も踏まえて、表側は道行く人や散歩する犬の気配が伝わらないように、板目の間隔や高さにも気をつける。

いろんな気配を気にしなくなる事で、ボンは小屋の中でのんびりとリラックスしながら留守番をする事ができるのだ。

CAYUJ852.jpg

裏側はこの高さで充分。

こちら側のお隣さんは犬があまり好きではないので、お隣と接する手前でフェンスを作る。裏側のドアはとうちゃんの手作りで、ルーバーラティス風にしてみました。

PA110002.jpg

ちなみに基礎の作り方は簡単で、水平器で水平を取ったら、ブロックのつなぎ目になる箇所と、柱を埋め込む箇所にセメントを流し込みます。

ブロックは土で踏み固めて、支柱用にアングルを突き立て、2X4の木材をビスで止めてできあがりです。



とうちゃんは留守番と言うのは、あまりに長い留守番を除いて、ボンには必要な事だと思っている。とうちゃん達の留守中でもリラックスして、ゆっくりと寝てもらわなければならないし、飼い主として、その環境を作ってやる事はとても大切だと思う。

前の家でもフェンスの高さや板目の間隔。さらにハウスの向きを考える事で、昼間にとうちゃんがこっそり帰って来ても、とうちゃんに気付かないくらい熟睡できる「ハウス」にする事ができた。



新居に引越しして3ヶ月。ボンには、そろそろ快適な留守番のある生活を再開してもらおうと思っている。



明日は洗面所の天井と壁を塗装して、一階部分が完成します。
にほんブログ村 犬ブログへ

一人でリフォームを頑張るとうちゃんに、応援のポチをお願いします。
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:28 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。