2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の乗鞍岳

去年は腰が痛かったとうちゃんだが、この秋に入ってからは右側の股関節と右ヒザに痛みを感じている。

北海道にこもっていた時は、全く同じ現象が左側で起こっていて、ヒザと股関節が痛くなる時は、いつも左側だった。股関節については痛みと言うより重い違和感があるといった感じで、力が入れにくく、ヒザは曲げては痛い、伸ばしては痛いと言った感じだった。

PA250028.jpg
前回の記事では木祖村から野麦峠のある奈川村までだったが、こちらは紅葉が終わりかけた乗鞍岳。

代わって、嫁は高校生の時から、慢性の肩凝りを患っていて、酷い時は頭痛がする事もあるらしい。

そして、ボンは一昨年の9月に左足首を骨折して、それ以来左足をかばうような歩き方をするようになった。去年の冬も足を痛めたボン君。その時も左足だったのだが、今回は右足。

PA250032.jpg
これは乗鞍の休暇村の辺りから見る、乗鞍岳。中央の剣が峰の少し右にある、白い部分が万年雪の「大雪渓」。

嫁は酷い肩凝りで、とうちゃんは秋になって、いつも痛くなる左側でなく、右足が痛くなった。。。

これは因果関係があるかわからないが、ボンが首や右足を痛がるようになったのも、全て秋になってからなのだ。

PA250031.jpg
冬の準備が着々と進む乗鞍のゲレンデ。

昔、とうちゃんが飼っていた猫の中で、唯一交通事故で亡くした猫がいる。

その時とうちゃんは高校生だったのだが、その時の原付の運転といったら、いつ死んでもおかしくないような運転だった。

そして、大事にしている猫を失った時に父親に言われたのが「この子はお前の代わりに死んだんや」だった。とうちゃん自身でもなんとなくそう感じ取れるくらいに、当時のバイクの運転はめちゃくちゃだったと思う。

とうちゃんはマイをコーチです。
ここに雪が積もると、こんな感じになります。

ボンの健康を願うのなら、まずは自分達から。

その思いで、最近になって行きだしたのが、近所にあるカイロプラクテック。

去年の血液検査で内科的な異常はなかったので、今回は迷わずカイロに行く事にしたのだ。

そして、何度か通ううちに、右足の痛みも消えてきて、全体的な体の姿勢もよくなってきた。肩凝りが酷い嫁も一緒に連れて行き、乗鞍から帰ってきたら、また一緒に行こうと思っている。

今ではボンも首を痛がることもなくなり、短い時間だが乗鞍の草原を走る事もできるようになった。



昔の猫の事故や秋になってからのボンの怪我。

バイクの運転やとうちゃんの足と関係があるのかどうかはわからないが、とうちゃんも嫁もボンの為にも、健康には心掛けたいとと思う。


一人寂しい生活を送るとうちゃんに応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ


FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

スポンサーサイト

| ボン | 22:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。