2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エピローグ ~27泊28日間の新婚旅行~

少し時間が経ってしまったが、鴨川シーワールドの続き。

鴨川シーワールドを堪能したなつままさんとボン一家は、なつままさんの案内で東京湾方面に向かう。

この日の夕方は、なつままさんのお友達のキャンパパさんが、旅行で千葉に来たとうちゃん達のために、わざわざ時間を作って会ってくださったのだ。

ダミーを投げるキャンパパさん

ダミーを投げるキャンパパさんと、指示を待つ黒ラブの富士君。

富士君はガンドッグレトリーブトライアル(以下GRT)の大会で上位入賞経験を持つ、とっても可愛い黒ラブの男の子。

キャンパパさんと富士君となっつちゃん

以前、ボンもボールを使って、GRTの練習をした事があるが、嗅覚を使ってダミーを探さないボンに、キャンパパさんは、なつままさんを通じてとうちゃんにアドバイスをしてくださった事があるのだ。

そして、その時に同時に教えていただいたのが、「たった1メートルのリトリーブこそ大切にする事」。

ダミーをガン見するボン君・・・

ボンはダミーを持って帰っては来るのだが、明らかに持って帰ってくる時の気持ちが富士君やなっつちゃんとは違う。

ボンは呼ばれたから渋々持って帰ってくるだけで、富士君やなっつちゃんの「どう!見つけて持って帰ってきたよ!」という自信に満ちた表情をしていないのだ。




そのせいもあって、しばらく練習をしていなかったのだが、久しぶりにやってみると、真っ直ぐにダミーにたどり着くボン君。

キャンパパさんにも、なつままさんにも褒めていただけたし、とうちゃんもとっても嬉しかった。


今は大阪で不自由な散歩を強いられているが、広いところを見つけて少しずつやっていこうと思う。

海ホタルからの千葉県

そして、キャンパパさんとなつままさんに東京湾アクアラインの入り口まで案内していただいたボン一行はいよいよ愛知に向かって帰る時がやってくる。

途中の海ほたるから見る千葉県側。

海ホタル

誰もいない静かな海ほたるで、嫁とボンといてると、急にとてつもない寂しさに襲われるとうちゃん。

いよいよこの新婚旅行も終わる時がきたのか・・・と思うと、心の中にぽっかりと穴が開いてしまった気分になってしまう。



今回の新婚旅行は日数が27泊28日。総移動距離は5020キロ!


この旅で出会った人たち、本当にありがとう!!


たくさんの人に出会って、たくさんの人の優しさと温かさに触れた、最高の新婚旅行だったと思う。


今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 旅行 | 23:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エピローグへ ~鴨川シーワールド・後編~

「明日も続く」と書きながら、昨日は更新できなかったとうちゃん。。

長かった旅行は、期間にして28日間。3月12日に旅が終わったのだが、よく旅行の記事で、ここまで食いつないだもんだと自分でも感心してしまう。


そろそろボンの近況も報告したいところだが、今回の記事も前回の続きで鴨川シーワールドの動物達を紹介しようと思う。

シロイルカのベルーガ

こちらは、あの携帯電話のCMでお馴染みのシロイルカのベルーガ。

シロイルカ

鴨川のベルーガは、バブルリングは見せてくれないが、目隠しをされた状態で、金属板の材質の違いを識別する能力を見せてくれました。

シャチのショー

続いて、シャチのショー。

シャチのハイジャンプ

間近で撮ったシャチ

シャチのショーが始まる前に間近で撮ったシャチ。  シャチとの距離は、ほんの1メートルくらいでした。




人間の言葉はわからないはずなのに、これほど息の合った演技をしてくれるのには本当に驚いた。




こちらはイルカの合唱。

キングペンギン

そして、旭山動物園でも、さんざん見たキングペンギン。

ジェンツーペンギン

こちらはジェンツーペンギン。

とうちゃんも顔を見ただけで、どのペンギンかは、判るようになってきた。

ウミガメ

必死の形相で泳ぐウミガメの子供。

セイウチ1

水の中で眠る(?)セイウチ。

セイウチのアップ

とうちゃんは、動物のアップを撮るのが好きなので、眠るセイウチのアップも当然撮ります。


このような施設に来ると、いつも通り写真を撮りまくるとうちゃん。

他にも乗せたい写真はあるのだが、一回の記事を長くすると、読んでる方も疲れると思うので、今回はこれで終了。

この後、鴨川シーワールドを後にするのだが、最後の最後でも素敵な出会いに恵まれたとうちゃん達。

その出会いの模様は、次回の記事で公開して、長かった旅日記も終わろうと思う。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 旅行 | 00:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エピローグへ ~鴨川シーワールド・前編~

長かった新婚旅行の最終目的地は、千葉県の鴨川シーワールドだった。

とうちゃんも、鴨川シーワールドの前を車で通った事はあったが、実際に行くのは初めて。そして、この日は、ブログを通じてお友達になれた、なつままさんとご一緒させていただいた。

なっつちゃん!

なつままさんのワンコ、ナッツちゃん。

なっつちゃんととうちゃん

ずっと会いたかったナッツちゃんを前に満面の笑みのとうちゃん。

この日は暑さが心配だったが、とうちゃんがどうしてもナッツちゃんに会いたかったので、無理を言って連れて来てもらったのだ。

アシカのショー

ブログをやっていて、いつも思う事は、書いた記事からとうちゃんの気持ちや感情が見抜かれていると感じる事。

前職場での悩みや、気持ちが沈んでいる時は激励のコメントをもらったり、アドバイスをいただいたり。

イルカのハイジャンプ

その中でも、ブログで書いていない事まで感じ取ってくれて、いつもとうちゃんの背中を押してくれるなつままさん。

シャチ

そんな、なつままさんとは、今回の旅行で、是非ともお会いしたいと思っていたのだった。



この日は3月11日だが、3月の中旬とは思えないような暑さだった。

ワンコには少し暑かったが、なつままさんのお人柄は、この日の天気を思わせるような、明るさと温かさだった。




この日も大好きな水族館だったので、撮った写真は150枚以上。

鴨川シーワールドの動物達の画像は明日も続く。


今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| 旅行 | 23:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の続き ~東京進出~

カグラでハナヒナさん横乗り男さんと滑った後も、あてのない旅を続けるボン一家。

カグラで滑った翌日の3月9日は嫁の誕生日だったので、この日のランチはユキちゃんが働いている、本川越駅にある、ブラッセリー・ステラさんでランチをいただく事にした。

嫁の誕生日でした。

この日が誕生日の嫁にために、ケーキをご馳走してくれました。

今回の旅行はユキちゃんで始まったのだが、3週間近くも経って、一度も家に戻っていないのに、再びユキちゃん会うのも、少し変な気もするが。。。

それだけ、とうちゃん達の旅が長かったという事なんだろうと思う。



そして、二日間に掛けて、東京見物をしたボン一行。

城北公園のドッグラン

まずは板橋区にある城北公園のドッグラン。

お茶の水

さらに、首都高を通って行った、御茶ノ水。

ここは山系のショップや、スノーボードを扱う店がたくさん並んでいる。

御茶ノ水でツルと

そして、御茶ノ水で、安比時代からの友達で、初めてニセコにこもった時のルームメイトのツル君と、久しぶりに再会する。

ツル君はとうちゃんの弟のような存在で、背がとても高く、花壇の上に乗ったとうちゃんと同じくらいの身長でした(胴体は同じ長さとは、突っ込まない!)

両国国技館

ツル君ともお別れして、千葉方面に向かうとうちゃん達は、偶然、両国国技館を発見!


初めて見る国技館に興奮しながら青色の案内標識を見ると浅草の文字が!

雷門

せっかくなので寄ってみた浅草寺。

雷門とボン

浅草寺

さすがにここまで来ると、存分に東京に来た気分に浸れます。


さて、長かった旅行の記事も、次回で最終回。


最後の目的地は、千葉の鴨川シーワールドなのだが、最後の鴨川シーワールドでも素敵な出会いがあったとうちゃん達の新婚旅行。

今まで新婚旅行の記事は、前もってCDに画像を記録しておいて、ネットカフェや嫁の実家のパソコンで記事を書いていたのだが、一ヶ月以上経っても、記憶は頭の中に鮮明に残ったままなのだ。

楽しかった旅行の記事もこれで終わると思ったら、とうちゃん自身は寂しいものが込み上げてくるのだが・・・


なんのオチもない旅日記だが、最終回まで、もうしばらくお付き合いいただきたいと思う。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| 旅行 | 00:24 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後の散歩

久し振りに近況報告です。

昨日の夜から実家のある大阪から愛知に帰って、今日をもって、愛知の家からブログを更新するのは最後になる。

愛知では最後の荷物出しと、10年以上の付き合いの愛車のロードスターを引き上げて愛知からは完全撤去の予定。

愛車のM2-1002

とうちゃんが10年以上も大切に乗っているロードスター。今はナンバーを外しているが、仮ナンバーを付けて大阪に持って帰るのだ。

ボンの大好きな砂浜

ここ愛知にはたくさんの思い出が詰まっている。

よくボンと行った渥美の表浜。

釣りにもよく行きました。

夏から秋に掛けては、毎週のように釣りに通った。

車で10分の川

夏、車で10分で着ける川には、仕事に行く前に毎日のように泳ぎに行った。

カヌー犬ボン

車で20分のドッグランでは、こんなにもキレイな川でボンとカヌーも乗りました。

今朝の散歩風景

これは今朝の最後の散歩風景。



結婚して、愛知で過ごした3年間は、ボンがいてくれたから思い出に残る出来事もたくさんあった。

次はどこに引越すかは、全く決まっていないが、ボンのためにも一緒に遊べる所がところがたくさんある場所を見つけてあげたいと思う。


今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 未分類 | 09:01 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カグラ総集編 ~奇跡の対面~

横乗り男さんと無事合流したとうちゃんは、電池が残り少ない携帯で、なんとかハナヒナさんとコンタクトを取ろうと必死にメールを送信し続ける。

通話は絶対に繋がらないし、かと言って公衆電話もない。

たまに電波が立った時にメールが届く事を願って打ち続けるのだが、それでもメールは送信できず。。。

トライし続けて、「午前11時にゴンドラ終点駅で待ってます」と、ようやくメールを送信する事ができたが、ハナヒナさんが受信できるかは不明。。。


しかし、送ったからには待つ価値はあるのだ。


お互いに分かっているのは、お互いにダイスのゴーグルを使っていて、ウェアはブログで見て覚えている事。

その為に、この日のとうちゃんはブログの写真で乗せたニット帽をかぶってきたのだった。

ハナヒナさん

そして、11時にゴンドラ降り場で、ふと見覚えのあるウェアの一人の女性と出会う。

その人もとうちゃんの方をまじまじと見る。

お互いのダイスのゴーグルの中の視線は、明らかに必死で人を探す悲壮な眼差しが・・・


そして、「あ、あの?○○さん?」と声を掛けるとうちゃん。

ウチノさん!

あ~!!やっと会えました、ハナヒナさんと、ウチノさん。

とうちゃんも「もう会えないかも?」と覚悟を決めていたが、あのメールがちゃんと届いていたので、こうやって合流する事が出来ました!

3ワンズとご対面

ようやく合流する事が出来たので、一旦駐車場に戻ってハナヒナ家の3ワンズとボンのご対面。

ボンも久しぶりのワンコとの対面だったので、尻尾ブンブンで大喜びでした。

ハナヒナさんの3ワンズとボン

実際にハナヒナ家の3ワンズと会って思った事は、ハナちゃんとヒナちゃんが思ったよりも小さくて、フクちゃんが思ったより大きかった事。

ハナヒナ家のワンコは、みんな個性派揃いで、特にヒナちゃんは見る人を笑顔にしてしまう魅力のあるワンコでした。

ハナちゃんとボン

ボンを相手に、遊びを誘ってくれるハナちゃん。

ヒナちゃんとフクちゃんはボンの勢いに若干引き気味だったが、ハナちゃんは元気にボンに絡んでくれました。

ウチノさんです

その後は、カグラに詳しい横乗り男さんの案内で、カグラを堪能する一行。

カグラの上部は、どこを滑ってもOK!って感じだったが、ここに爆雪が降れば、とんでもない事になりそうな雰囲気でした。

みんなで記念写真

カグラでの記念写真。

この場にいるみんなが初対面の組み合わせなのに、何の違和感もなく溶け込めてしまうのは、ある意味、奇跡とよべるのではないだろうか。



結局、今シーズンの滑り収めは今回のカグラになったのだが、この時期(3月8日、今年は春の訪れが異常に早かった)で、これだけのパウダーを滑れた事は最高の思い出になったと思う。

まして、ブログでしかお会いした事のない、横乗り男さんとハナヒナさん達とも一緒に滑る事ができた。

こんな事はブログを始めていなかったら、起こる事のなかった出来事だと思う。



今回の新婚旅行は、そんな出会いの旅でもあったのだが、カグラも終わった後は、最終目的地に向かうとうちゃん達。そこには、この旅行での最後の出会いが待っているのだ。


そろそろフィニッシュに近づいてきた旅日記だが、あとしばらく続くので、もうしばらくお付き合いいただこうと思う。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| 旅行 | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めてのカグラ ~文明の利器の盲点~

前日の23時にカグラに到着したボン一家は、朝はボンの散歩も兼ねて、すでに駐車場に到着している横乗り男さんの車を探す。

車種は事前にブログで知っていたのと、横乗り男さんは、熱烈な千葉ロッテマリーンズのファンなので、マリーンズのステッカーの貼ってある、車に乗っている男性が横乗り男さんという事になる。

すると一台の車が目に止まったので、電話をしてみると、車内で寝袋に入りながら起きる男性が一人。

横乗り男さん

横乗り男さんです。年はとうちゃんより少し若く、好青年という言葉がぴったりのお兄さんでした。


初対面の挨拶もそこそこに、7時から運行を開始する、ロープウェイに乗るために用意するとうちゃん。

この日の積雪は、駐車場で10センチほど。標高の高いカグラでは、山頂付近は25センチは積もってるはず!

ニセコで初対面を果たした「おさるさん」には「朝一の第五ロマンスは絶対に攻めるべし!」と念を押されていたので、朝一のロープウェイを逃す事は許されないのだ。

カグラはどこでもOKです

今の時代は携帯電話もあるし、どこのゲレンデに行っても電波は届いている。

あの、八甲田の山頂でも、「あんた、どこで遊んでるんや?」と実家の母からお叱りの電話が入ったくらいだった。

「横乗り男さんとは、携帯が通じるから大丈夫」

ニセコでも、思うようにパウダーを食らう事ができなかったとうちゃん達は、後で合流できると軽く考えて、とりあえず朝は別行動をする事にしたのだった。

朝一のカグラはパウダーでした。

朝の間は風が強かったので、狙っていた朝一の第五ロマンスには乗れなったが、若干底当たりはするが、まずまず上質なパウダースノーを食らう。

そして、横乗り男さんと、夜中にこちらに向かってきているハナヒナさんに、連絡をしようとした時に、このスキー場の携帯電話の電波がほとんど圏外である事に気付く!

たまに2本くらい電波が出るが、通話もメールも全くできず・・・しかも、気温の寒さで、携帯の電池も危うくなる始末・・・

とうちゃんは、横乗り男さんの顔は覚えたが、ウェアまでは確認していないので、こちらからは見つける術がないのだ。
嫁と横乗り男さん

とうちゃんも、途方に暮れながら、やっと動き始めた第五ロマンスのリフト待ちで、リフト待ちの列から外れた、一段上の誰からもわかる所で横乗り男さんを捜す。

すると、ジッととうちゃんを見つめる一人の男性。

横乗り男さんに発見されるとうちゃん。

初対面の挨拶をした時は、とうちゃんはウェアに着替えていなかったのだが、履いていたブーツの色で、とうちゃんである事に気付いてくれた横乗り男さんと合流できたのだった。



あとは、この通じない携帯電話で、ハナヒナさんとどうやって合流するかが問題なのだが・・・


ハナヒナさんとの出会いもちょっとしたドラマがあったので、この続きは次の記事で書こうと思う。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 旅行 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ!カグラへ! ~二つの出会い~

仙台を昼に出発したボン一家だが、この日は移動だけに費やして、夜には新潟県のカグラスキー場に到着した。

関西人のとうちゃんは、今回が初めての関越道のスキー場。

関西に住む人ならわかると思うが、関西から車を飛ばして、関越道方面に滑りに行く事は滅多にない。

ドラゴンドラで苗場へ

関西からだと、遠出しても白馬止まりだし、もっと足を伸ばしても、妙高や野沢になる。

延々、高速を乗る割高感と、距離を考えると、関越方面のスキー場、特に湯沢エリアに行く事は、ちょっと考えにくいのだ。
初めての関越道

しかし、今回の新婚旅行では、東北から戻る途中で関越道方面に行ける機会があったので、念願だった、湯沢エリアのカグラスキー場に行く事ができたのだった。

カグラにある看板で、「苗場山」や「谷川岳」の文字を見ると、ついに関越方面のゲレンデにも行く事ができたのか。。と思ってしまう。


とうちゃん、今回が初めての関越道だったのだが、湯沢インター辺りの雰囲気が他のスキー場とまるで違う事に、とても驚いた。

雪明りに浮かぶ高層マンション。

白馬や北志賀エリアでは考えられない景色に、とうちゃんも本当に驚いてしまった。

かぐら

実は、ここ「カグラ」で、初めてお会いする人たちと待ち合わせをしているのだった。

すでにご存知の方もいると思うが、一人は、以前、とうちゃんがブログで自作のワックス台を公開した時からのお知り合い横乗り男さん

そして、もう一人は、ワンコとスノーボード繋がりで相互にリンクさせていただいているハナヒナさん

今回の旅行は出会いの旅でもあったのだが、このお二方とお会いして、一緒にカグラを滑る事ができるのを、とうちゃんはとても楽しみにしていたのだ。




カグラの駐車場に到着したのは、夜の11時。その頃からは徐々に雪が降り始めるスキー場。


明日は期待していなかったパウダースノーに出会えるかも?


そんな期待をいだきつつ、夜は更けていくのであった。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 旅行 | 23:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三度、再会! ~嗚呼、松島や松島や・・・~

bonnyさんお姉さんのおうちに泊めていただいた翌日は、お姉さんの勧めもあって、とうちゃんがまだ滑った事のない雫石スキー場に行ってきた。

この日の朝食は、お姉さんの計らいで雫石プリンスホテルの朝食バイキングをいただきました。しかも、無料で!

お姉さん、この度は泊めていただいたばかりか、前日の温泉もお姉さんの計らいで入らせていただいたし、雫石では朝食バイキングまでご馳走になって・・・本当にありがとうございました!このご恩は絶対にお返しさせて下さいね。

雫石

とうちゃん達も始めて滑った雫石スキー場。

ここはプリンス系のスキー場らしく、豪勢にゴンドラが2本と、ロープウェイが一本もある大きなスキー場。

雫石の感想をサクッと書こうと思うが、第一印象は、やはり広いなと言う事。そして、人がかなり少なくて、滑っていても、ちょっと寂しかったでした。

でも、ゲレンデ上部の雪質はかなりよかったし、コースさえ分かれば、ツリーや、誰も滑っていないコースがありそうな雰囲気でした。

東北道からの岩手山

雫石で3時間程滑った後は、前の日に行く事が出来なかった安比高原に戻る事に。

途中の東北道で見れた岩手山。この角度の岩手山は安比方面から見る岩手山なのだが、とうちゃんは、こちらから見る岩手山の方が迫力があって好きなのだ。

東北道からの八幡平

こちらは東北道から見る八幡平。

今シーズンはクローズしてしまったが、来年は是非オープンして欲しいものだ。

再び安比へ

とうちゃんがお世話になっていたペンション・アサンギでオーナーさんとお話しさせていただいた後は、東北道を南下して、仙台を目指す。

仙台にはぷぅ(N部)ちゃんのおうちに行ったのだが、実はこの日から2日間もお世話になるボン一家。

ソファーでくつろぐボン

早速、よそ様のおうちのソファーで寛ぐボン君。

よそ様のおうちのソファーにボンを上げるつもりはなかったのだが、ソファーに乗ると、この落ち着きようで、疲れて寝るボンを優しく撫でてくれるぷぅちゃん。

ご両親も、本当にボンの事を可愛がってくださったので、とうちゃんもとっても嬉しかった。

あぁ松島や。。。

そして、翌日は日本三景の一つの、松島に行ったボン一家。

奥の細道

この日は、まだ少し寒かったが、久しぶりに海を見ながら、ボンとのんびりと過ごす事に。

そして、この日の夜もお母さんの手作りの梅酒とお料理をいただいたボン一家は、翌朝には仙台を去って、次の目的地の新潟県のカグラスキー場に向かって旅立つ時がきたのだった。

ぷぅちゃんと嫁

朝一番で仕事に行くぷぅちゃんともいよいよお別れ。

いつも、書いているが、どこに行っても誰かがいてくれたので、とても楽しい旅行になった、とうちゃん達の新婚旅行。

北海道在住の仲間とは、めったに会う事が出来ないが、テル君や大ちゃん、アツシ君とはすぐに会う事ができるので、別れる寂しさはさほどなかった。

ぷぅちゃんに会ったのも、とうちゃん達の結婚式以来なので3年ぶりだが、今回は帰りにもう一度会う約束をしていたので、ニセコでも八甲田でも、別れる時の寂しさはあまりなかったのが、これでしばらく会う事ができないと思うと、やはり込み上げてくるものがある。

ぷぅちゃんファミリー

そして、お世話になった、お父さんとお母さんともお別れの時が来た。

ぷぅちゃんは男女問わず、誰からも愛される、本当に素敵な女の子。

今回、初めてぷぅちゃんのご両親とお会いさせていただいたのだが、このご両親を見ると、どうして、ぷぅちゃんの誰からも愛される人柄なのかが、分かるように思った。

優しくてキレイなお母さんと、お話しが大好きで、楽しそうにたくさんの事を話してくださるお父さん。

とうちゃんもこんな親になりたいと思えるお父さんとお母さんでした。

瑞巌寺

今回行った松島の瑞巌寺で見つけた言葉。

「受けた恩は忘れない。施した恩は語らない」

この言葉は、まさに今回の旅行を象徴した言葉だと思う。

とうちゃんも頂いた恩と思い出を忘れずに、これからも生きていこうと思う。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 旅行 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手滞在記 ~究極の人情旅行~

青森でもう一泊したボン一家は、青森を後にして、再び岩手の安比高原を目指す。

安比には北海道に上陸する前にも行ったが、フェリーに乗る時間の関係もあって、以前お世話になったペンションでは時間が取れず、オーナーさんとのお話しも途中で切り上げたのだった。

しかし、この日は事前に連絡するも、オーナーさんが不在の様子。。

憧れの八幡平1

せっかく安比まで行ったのに、ペンションのオーナーさんとも連絡が取れなかったので、スキー場が閉鎖で、滑る事が出来なかった八幡平スキー場に向かう。

今回は残念ながら滑る事ができなかった八幡平だが、ここには嫁を連れて行ってあげたかったのだ。

八幡平で走るボン君

誰もいない八幡平スキー場で、ボールを追いかけるボン君。

ここ八幡平スキー場は上質のパウダースノーと、自然の地形が楽しめる貴重なスキー場だったのに、とても残念に思う。。


今回の旅行では、ニセコでも八甲田でも昔からの友達が駆けつけてくれたし、どこに行っても、その土地の人の温かさに触れる旅行だったが、この日のとうちゃん達の人情旅行は極めつけだったと思う。

チビちゃんとアルク君

と言うのも、この日は、なんと、リンクさせてもらっている「大女優エビ様の ぷっぷくぷー(仮称)」のbonnyさんのお姉さんのおうちに泊めていただいたのだ!

右から男の子のアルク君と女の子のチビちゃん。

ちびちゃん

こちらはチビちゃん。ちょっと垂れたお耳が可愛い、とうちゃん好みの女の子でした。

とうちゃんはブログで旅行の日程を公開していたので、岩手の行く事を知ったbonnyさんお姉さんを通じて岩手の美味しいお店の情報をとうちゃんに教えてくれていたのだった。

チビちゃん

ユキちゃんと蔵王から安比に行った時に、途中で寄った盛岡冷麺のお店の「ぴょんぴょん舎」もbonnyさんのお姉さんに直接電話をして教えてもらったお店。

ブログのお友達のbonnyさんとも実際にお会いした事もなければ、電話でお話しすらした事がないのに、お姉さんと先にお話しさせていただくのも、少しぎこちなく感じてしまったが。。

アルク君

その電話の最後で「今夜泊まるところは?もしよかったら泊まっていって下さいね」とお話しさせていただいたのを、真に受けて、本当にお願いするとうちゃんも我ながら厚かましいとは思ってしまう。

bonnyさんのブログにはたくさんの方が見に行かれていると思うが、実際にブログで登場するお姉さんと実際にお会いした事があるのは、自分でもとうちゃん自身が貴重な存在だと思ってしまう。。

雫石からの岩手山

翌朝の散歩で、ようやく見えたキレイな岩手山。今回の旅行では、ずっとガスに祟られていたので、見えた時は気分爽快だった。

とうちゃんは安比高原にこもっていたので、安比から見える岩手山は何度も見たが、盛岡側から見る岩手山は初めてだったと思う。

チビちゃん2

朝の散歩から戻ってくるチビちゃん。このチビちゃんはとうちゃん達の事を「優しいお兄さんとお姉さん」と認定してくれたようで、とてもとうちゃん達に懐いてくれました。


朝が早いにもかかわらず、とうちゃん達のために楽しい時間を作ってくださったお姉さん。見ず知らずのとうちゃん達にも親切にして下さって、本当にありがとうございました!

今は生活が落ち着いていないボン一家ですが、いつかお姉さんが関西に来られる事があれば、絶対にうちに泊まって下さいね。



とうちゃん達の新婚旅行は、日程も全てが型破りだったと思うが、人から受けた人情も桁外れの多さだったと思う。

そのいただいた人の温かさや人情を大切にして、これからの人生も歩いて行こうと思う。



今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!


≫ Read More

| 旅行 | 00:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全日程終了 ~八甲田番外編~

今回の八甲田で予定していた全日程が終了して、これからは誰とも約束をしない、行き当たりばったりの旅が始まる。

快晴の山頂!!

八甲田でも、ニセコに続いて、仙台からぷぅちゃんとシモ氏。東海地方からはテル君が再び駆けつけてくれたし、大ちゃんとも八甲田で滑る事ができた。

今回の八甲田にも、とうちゃん達の周りには楽しいメンツがいてくれて、本当に嬉しく思っている。

ツアーコース1

今回が初めての八甲田だったのだが、とうちゃんの八甲田の感想は、思ったよりも斜度がないと言う感想だった。

ハイクアップ

リフトを効率よく回して、好きな所をガンガン滑る魅力はないのだが、時には山を登り、景色や山の全体の雰囲気を楽しむのは、普段のスキー場ではなかなか味わえない物なのだ。

酸ヶ湯温泉

そして、ここ八甲田には、有名な酸ヶ湯温泉(すかゆ温泉)もある。

滑った後は、ここに来て温泉に入っていたのだが、ここは有名な混浴の千人風呂があって、滑った後の温泉はいくらお腹が空いていても、絶対に外せないモノがあるのだ。(中は仕切りと湯気で、全く女風呂の方は見えません)

お世話になった賀津恵旅館さん

そして、青森に来て、もう一つ感じた事が、どこに行っても人が親切で優しい事。

特に今回お世話になった賀津恵旅館さんは、大型犬は不可にもかかわらず、ボンを迎えてくれた優しい女将さんがいる。

寛ぐボンボン

和室の客室では、ボンも家にいる気持ちになってくれるのか、部屋ではとてもリラックスする事ができた。

そして、最終日にテル君と大ちゃんを空港まで送った後は、とうちゃん達も青森を去らずに、賀津恵旅館さんで、もう一泊泊まる事にしたのだった。

賀津恵さんのお料理。

素泊まりで泊まっていても、旅の記念に夕飯をいただくのは、いつもの事なんで、この日はボン一家だけの静かな夜を旅館で過ごす事に。

女将さん手作りのお料理は、今回の旅行の中でも一番美味しかった!



今回の旅行では、常に誰かがいてる状態だったので、ボンも落ち着きがなく、気疲れをさせてしまったと思う。

そして、ボン一家だけで一夜を過ごした後は、まだまだ続く旅に出掛けるのであった。

八甲田最終日のこの日で3月4日。愛知の家に帰るまでは、まだ10日も日にちがあるのだ。


これからもまだまだ続く旅日記だが、もうしばらくお付き合いいただこうと思う。


今日もポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| 旅行 | 01:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後の八甲田 ~二度目の体験~

昨日は快晴だった八甲田だが、この日もいつものようにうす曇のお天気。

それでも、風は穏やかで、視界も良好だったので、この日も一日2本のツアーガイドをお願いすべく、朝一番のロープウェイに乗って、八甲田ロープウェイ山頂の田茂萢岳(タモヤチダケ)を目指す。

いっぷくするテル君

山頂駅でいっぷくするテル君。

少しずつ気温が上がってきているので、雪質が少し心配だったが、この日も上質なパウダースノーでした。

最終日の八甲田

この八甲田では、以前行った蔵王の樹氷とは少し違って、蔵王の樹氷よりはずいぶんと小さく見える。

しかし、これは木の高さが低いのではなく、積もった雪の多さで、木が小さく見えるだけなのだ。

木が埋まる積雪

この辺りの木で、7メートルはゆうに超えているだろうが、積もった雪の上から見る樹氷は、小さい苗木のようにも見えました。

ワンドに乗って、テンションが上がるとうちゃん

この日は試乗用に貸してあった、青森のローカルボードの「WAND(わんど)」に試乗したとうちゃん。

この青いボードがWANDなのだが、あまりの取り回しのしやすさに、すっかりお気に入りのボードになってしまった。

オープンなパウダーでの浮遊感や、特にツリーに入った時の操作性の良さは抜群で、狙ったツリーとツリーの間は外さない!と思える程の操作性の高さでした。ちなみに「わんど」とは、青森の方言で「俺たち」や「みんな」という意味があるらしい。

ゴーグルを吹っ飛ばした直後です

今日の午前中のコースは「八甲田温泉ルート」。この時期では一番のロングコースが楽しめるコースとの事。

途中のバフバフな斜面で転んで、ゴーグルを交換するテル君。とうちゃんの「大丈夫?」の問いかけに、照れくさそうに返事をしてくれました。

この日も、スノーシューや、平坦な場所ではストックを使いながら、八甲田温泉ルートの、最後にあるメインディッシュの斜面に向かう。


そして、八甲田温泉ルートの最後の斜面に差し掛かったところで事件が発生する。



ここでは長くなるので続きを読むで読んでいただこうと思う。



続きを読まれる前にポチッと一押しの応援をお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| 旅行 | 23:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八甲田山の奇跡 ~雪中行軍後編~

昨日の記事で書くのを忘れていたが、ガイドクラブにガイドをお願いするツアーコースは、午前と午後に1回ずつあるのだが、もちろんとうちゃん達は午後のガイドもお願いしたのだった。

ガスが抜けてきました!

午後からのコースは、雪中行軍記念像に向かう「銅像コース」。

午後のツアーガイドが始める頃には、さらにガスが抜けて、周りの景色も見渡せるようになってきた。

嫁のパウラン

フカフカの斜面を滑る嫁。

この日の前日は、かなりの強風だったが、極端に雪が吹き溜まる事も、積もった雪がクラストする事もなく、かなりの上質なパウダースノーでした。

雪中行軍2

ツアーコースでは滑るだけではなく、スノーシューを履いて、山を登る事もあるのだ。

雪中行軍1

さらの登り続けるとうちゃん達。

この頃になると、ガスもほとんど抜けてきて、青空も顔を出してくれました。

ガイドさんと記念写真

スノーシューをスノーボードに履き替えて、銅像コースの最終地点も目指す。

実は、この銅像コースでは、去年の2月に雪崩事故が発生して、人が亡くなったのだが、ツアーコース自体には、特に危険な雰囲気を感じなかった。

それでも、自分たちよりも上の山で、誰かが雪を崩してしまうと、雪崩に襲われる危険はあるだろうが。。。

ロープウェイからみる八甲田山

残念ながら、ツアーコースは2本で終了してしまったが、ロープウェイが終わるまで時間があったので、この日最後の八甲田山を満喫すべく、ロープウェイに登ってみた。

この日で帰ってしまうシモ氏とぷぅちゃんには、今回一緒に滑る最後の八甲田山になるのだ。

嫁とぷぅちゃん

そして、ツアーガイドで登った時よりも、さらに晴れ渡る八甲田山ロープウェイ山頂の、田茂萢岳(タモヤチダケ)。

画像を小さくしてしまうのが、もったいないくらいの素晴しい景色でした。

シモ氏&ぷぅちゃん

シモ氏とぷぅちゃん。

後ろの樹氷原にも注目です。

旅行初のツーショット

みんなが「二人で並べ!」と言うので、新婚旅行終盤にして、やっと実現した夫婦のツーショット。

今回の旅行は新婚旅行だったのだが、本当にいつもたくさんの友達に囲まれて、幸せな旅行ができたと思う。

テル&大ちゃん

残念ながら、相手がいないので、テル君と大ちゃんは男同士の抱擁のツーショット。

夕方はピーカンです。


普段は強風とガスに見舞われる八甲田山で、この時期にこれだけの雪と青空に出会えたのは本当に奇跡だったのかもしれない。

そして、北海道で出会った仲間が、八甲田山に集合して、同じ宿に泊まって、楽しい最高の時間を過ごす。

今回の八甲田では、たくさんの奇跡に出会う事ができたが、この日の事を奇跡と感じずにはいられなかった。


大ちゃん、テル君。シモ氏にぷぅちゃん。とうちゃん達に合わせて、八甲田に来てくれて本当にありがとう!

この日でシモ氏とぷぅちゃんとはお別れになったのだが、翌日も大ちゃんと、テル君との八甲田セッションはまだまだ続くのであった。


一日一押しの応援をお願いします。只今、シェパ部門3位です。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 旅行 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八甲田山の奇跡 ~雪中行軍前編~

昨日は、たった2本で終了した八甲田ロープウェイ。

ガイドクラブの人の話しでは、「冬の八甲田は暴風とガスはつきもの」との事だが、果たして今日はちゃんと滑れるのだろうか・・・

昨日よりは見えます

そんな心配をしながら登ったロープウェイだが、昨日とは比べものにならないほどの視界のよさに、風の弱さ。

この日は八甲田ガイドクラブで、八甲田山のツアーコースのガイドをお願いする事になっていたので、とうちゃん達のテンションも一気にあがる!

山頂のアンテナ塔

八甲田山は、実際に「八甲田山」と呼ばれる山はなく、いくつか(八個)の山の集合体を一括で、八甲田山系と呼んでいるのだ。

ロープウェイから滑る八甲田山は、「ダイレクトコース」と「フォレストコース」の2本を滑る事になるのだが、ツアーコースと呼ばれるコースがたくさんある。

八甲田山系1

ロープウェイの山頂から、ほぼ、円錐状に山が広がっていて、ツアーコースを降りてしまうと、ロープウェイ山麓駅までの移動手段がなくなってしまう。

よく知らないコースを滑るリスクと、ロープウェイ山麓駅までの送迎を考えると、ガイドをお願いする価値も高くなるのだ。

ロープウェイが見えます。

写真が小さくて分かりづらいが、山頂に向かって伸びるロープウェイが見えます。

最初のツアーコース

八甲田は基本的にスキー場ではないので、このような樹氷の中を滑る事になる。

ツアーコース

ガイドさんは前と後ろの2名が着いて、遭難者がいない事を確認しながら滑るのだ。

山の装備

装備も、このように、必要に応じて、スノーシューやストックも使用するのだ。


言葉足らずで、まだまだ説明が完全ではないが、八甲田山の雰囲気は伝わったと思う。


そして、この後は八甲田のミラクルに遭遇するとうちゃん達。


次の記事は、少し写真が多くなると思うが、楽しみにしていただきたいと思う。



あらら、、5位に落ちちゃった。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

| 旅行 | 00:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての八甲田山 ~新しい出会いと再会~

早朝に青森港に到着したボン一家は、まずはテル君と大ちゃんの待つ青森駅の近くのビジネスホテルに行く。

今回の八甲田にも、わざわざとうちゃん達の日程に合わせて、東海地方から駆けつけてくれたテル君、本当にありがとう!みんなが一緒だから、この旅行がもっともっと楽しいものになりましたよ。

そして、ニセコにも駆けつけてくれた、ぷぅ(N部)ちゃんも仙台から来てくれる事になっているのだ。しかも、彼氏と一緒に。

ぷぅちゃんはみんなのアイドルのような存在だったので、とうちゃんとしては彼がどんな男なのか、ちょっと気になるところだが。。

初めてのスノーシュー体験

画像はいきなり八甲田だが、彼のシモ氏はちょっとワイルドな雰囲気だが、可愛い目元のナイスガイでした。

そして、この日も今回の旅行を象徴させるような悪天候で、ダイレクトコースと、フォレストコースの2本を滑ったところで、強風のためロープウェイが運休したのだった。

挑戦するボン2

ロープウェイが止まってしまっては仕方がないので、ボンと人のいないゲレンデを登ってみた。

最近は車での留守番続きで、ボンともじっくりと遊んでしなかったので、ボンもちょっと荒れ気味・・・

挑戦するボン1

田んぼで普段遊ぶように吠え立てるのだが、飛び掛ってはマウントまでしてくる始末で・・・

ボンは自分の扱いに不満があると、このようにとうちゃんに挑戦してくる事があります。

羽交い絞めされるボン

グローブに噛み付いたところを取り押さえられるボン君。

ボンがこうやって飛び掛ってくるのは、とうちゃんにだけなので、ある程度の荒い遊びは容認しているが、マウント行為にまで及ぶのは久しぶりでした。




今回も富良野同様、ボンと走ってみたのだが、深雪に埋まって、ヘロヘロになるボン君。

この後は、車の中でもグッスリでした。



帰りに、八甲田ガイドクラブに明日のガイドの事を問い合わせにいったのだが、冬の八甲田山は安定した天気になる事は少ないそうで、今日のような悪天候が日々日常だそうな・・・

今日は視界も悪く、5メートル先も見えないくらいだったが・・・

明日で帰ってしまうシモ氏とぷぅちゃんはツアーコースを滑る事はできるのだろうか?


八甲田山のもようは明日も続きます。



明日はミラクルが起こるかも?
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!


| 旅行 | 08:49 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さよなら!北海道 ~旅の折り返し地点~

今回の新婚旅行はとてつもなく長い日程だったので、新婚旅行の記事はまだまだ続く。

動物園編でずいぶん引っ張ったが、この日は2月29日。ちょうど、新婚旅行の折り返し地点で、北海道滞在の最終日だった。

カムイゴンドラ

この日は、富良野の熊落としコース開放の待ち時間に知り合った、富良野ローカルのお兄さんに教えてもらったカムイスキーリンクスに行ってきた。

とうちゃんも、出来れば旭岳に滑りに行きたかったが、ここ最近は悪天候だったので、ローカルのお兄さん曰く、「出来れば旭岳には行かない方がいい」との事だった。

この日のカムイ。またまたガスです。

そして、この日もまたまたガスと強風にたたられるのだった。

こんなガスの日は、広い所を滑ると、平衡感覚を失ってしまうので、周りの木や、リフトの支柱を目印にすると、滑っていても、平衡感覚が狂うことはないのだ。

ダイナミックコース

少しガスが抜けてきたところで、一番奥にあるダイレクトコースに向かう。

ここはリフトが一本だけなのだが、ここでドライなパウダーがモリモリ降れば、かなり楽しめると思う。

二度目の旭山動物園

カムイでは、4時間券で滑っていたので、気温の上昇で雪質が悪くなったところで、再度旭山動物園に行く事に。

初日は開園から閉園までいたが、ホッキョクグマが水に飛び込む場面に出会ってないので、もう一度行きたいとは思っていたのだった。

帰りの道央道

動物園で、ホッキョクグマを堪能した後は、一路、室蘭に向かう。

帰りの道央道で見れた北海道の夕日。こんな夕日を見ると、いよいよ北海道を去るのか。。と、少し悲しい気持ちになってしまう。

ミキヤの海鮮丼

そして、室蘭からフェリーに乗る前に、やっとありつけた、タラバガニと海鮮丼。

タラバガニは剥き身になっていたが、とっても美味しかったし、海鮮丼にいたっては、生うにが入っていたのに、どちらもたったの千円だった。


そして、夜が更けていって、フェリーに乗り込むボン一家。北海道の楽しかった思い出を胸に、本州は青森を目指す。

そして、翌日は朝から八甲田山を滑る事になっているのだ。八甲田では新しい出会いもあるし、北海道に駆けつけてくれたテル君もぷぅ(N部)ちゃん。そして、年明けに赤倉でセッションした大ちゃんも駆けつけてくれる事になっている。


家を出発して15日が経過しているが、とうちゃん達の祭りはまだまだ続くのであった。


明日から八甲田編です。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

今日も応援ありがとう!
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| 旅行 | 23:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた北の国から ~3度目の富良野~

4月になって、新年度もスタートしたが、相変わらず旅行のネタを引っ張るとうちゃんのブログ。

新婚旅行から帰ってきて、3週間近く経つが、楽しかった思い出はいつまでも心に残るものなのだ。


就職活動中のとうちゃんの近況も報告したいところだが、今回も新婚旅行の思い出を綴ろうと思う。

北の峰ゴンドラとボン

富良野滞在の初日は快晴だったが、二日目は朝から曇り空。しかも、車の上には新たに15cmほどの積雪がある。

前日は、快晴無風なのに、旭岳は強風クローズ。こんな天気なら、旭岳は絶対にコンディションは悪いので、コテージから一番近い富良野スキー場へ直行した。

富良野、ボンと登る

富良野スキー場のレポートは「続きを読む」で報告するとして、今回はとうちゃんと一緒にゲレンデを爆走するボンの動画を公開しようと思う。



誰もいないゲレンデの端で、とうちゃんを追いかけて爆走するボンの図。

夏の川でカヌーに乗った時も、ボンは悲鳴のような声をあげながらとうちゃんを追い掛けたが、こんな時のボンは必死になってとうちゃんを追いかけます。

富良野山頂です

富良野には、過去3回来ているとうちゃんも、来た時は全て冬だった。


しかし、富良野といえば、一面に広がる夏のラベンダー畑。


スノーボーダーにとって、富良野は夏に行く所ではなく、冬に行く所だと思うのだが、今度は夏に来て、雪ではなく、この目で一面のラベンダー畑を見てみたいものだ。



最近のFC2、「記事を保存」で書いた記事が消えてしまいません?
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ


「保存」で消えたけど、プレビューからコピーして復活させました。
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!


≫ Read More

| 旅行 | 23:15 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。