2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝説の男

土曜に嫁が実家に帰っていたのだが、月曜の夜には帰ってきた。

今回嫁は、とうちゃんには内緒で、大阪で髪を切って来たようなのだが、とうちゃん、それには全く気づく事もなく。。嫁には「○○(とうちゃんの名前)は私の事なんて、興味ないんやね。。」と言われてしまいました。

土手を飛ぼうとしていますが

しかし、切ったと言っても、後ろの髪をちょっと切っただけだし、駅まで迎えに行ったのも、夜で暗かったし。。仕事から帰っても、後ろがちょっと短くなってるなんて、気付くわけがないじゃない。。

と言い返したいところだが、嫁の職場の人はみんな髪を切った事に気付いたらしい。。

そりゃ結婚して3年も経てば、ちょっとした変化にも気付きにくくなるというものだと思うのだが。

うちに来た当初は

そんなボン夫婦でも、地元のスーパーではなくて、ちょっと離れたところにあるスーパーでは、たまには手をつないで買い物をする事もあれば、ボンを車に置いといて(寒い時期だけですが)二人で映画を見に行くこともある。

先週の金曜も久しぶりに映画を観に行ってきたのだが、その映画はCMで盛んに宣伝している、ウィル・スミス主演の「アイ アム レジェンド」

こんな土手はとぶどころか

この映画はシェパードが出演しているので、気になってるシェパオーナーさんはたくさんいてると思うが、ちょっとだけ説明をさせていただきたいと思う。

この映画の原作は実は1954年にリチャード・マシスンが発表したSFノベルで、映画化されるのは今回で3度目なのだ。

一作目は、1964年にヴィンセント・プライス主演で発表された「地球最後の男」で、2作目は「猿の惑星」でお馴染みのチャールトン・ヘストン主演で1971年に公開された「地球最後の男 オメガマン」である。

歩いて降りる事すらできませんでした

簡単なストーリーや感想は「続きを読む」で書こうと思うので、ここでは書かないが、1968年に公開されている「猿の惑星」と1971年の「地球最後の男 オメガマン」で、どちらもチャールトン・ヘストンが出演しているのは、ストーリーを考えると、納得してしまうものがある。

どちらもとんでもない設定の物語なのだが、この役を演じられるのはチャールトン。ヘストン以外にいないと思ったのだろう。(ちなみにとうちゃんがチャールトン・ヘストンの名前を初めて知ったのは、マイケルムーア監督のボウリング フォー コロンバイン)

よくぞ成長してくれたものです〔涙)

そして、シェパオーナーが気になる、出演しているシェパードですが、このシェパードちゃん、サム(サマンサ)なので、女のシェパードだと思うのだが、顔がめちゃくちゃ可愛いく、いつも主人公に寄り添って、どこにでも一緒に付いて行く姿は皆さんが一緒に暮らしているシェパードと同じ物があると思う。

特に体を洗われている姿はボンと全く同じで、それだけに、あの最期はかな~りきつかったでした。。


あっ、これ以上は楽しみにされている方もいるので、「続きを読む」でお話ししようと思うが、どうせ映画は観ないから、読んでしまってもいいよって方は読んでいただければと思います。



一日一回ポチっと応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければこちらにも。
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:44 | comments:34 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。