2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の母子犬

いつもコメントを下さるアイシャママさんと、モモママさんのブログでも紹介されてましたが、僕のブログでも紹介したいと思います。

「奇跡の母子犬」。←クリック!

これは動物愛護センターのない宮崎県で、本当にあったお話しだそうです。

僕も以前、ワンコを保護しました。保護した初日の夜に、「もしかしたら自分の家に帰るかも?」と甘い考えを持ってしまい、柵を開けて夜を過ごしました。翌朝、案の定敷地から出て行ったワンコ。。

その後、警察に届けられ、「愛護センター」ではなく「管理センター」へ移されました。そうです、僕の住む街にも「愛護センター」と呼ばれる施設はないのです。

その日は仕事をしながらも、そのワンコの事が頭から離れませんでした。「どうしよう。。今、自分が動かなかったら待ち受けているのは確実な死。。」
そう思った時、僕らは行動しました。まず、保護してるボランティアさんに指導を仰いで、とにかく「管理センターから出す事」を優先させました。

しかし、引き取ると言いながらも、その場の感情だけで引き取って、すぐに捨てる人間が多いとの理由で引き取れませんでした。でも、確実に2週間は預かるので、その間に里親を探して欲しいと言われました。

そして、里親サイトに載せる写真を撮りに嫁に管理センターに行ってもらいました。その時は嫁は敷地の奥まで入る事にためらいがあったので、職員さんはセンターの入り口で待っててくれました。
そして、出来るだけキレイで可愛いい写真を撮ってもらいたい!そんな気持ちを込めてブラシまで掛けてくれてました。

その後里親サイトからの反響もあり、とても心優しい飼い主さんを見つける事ができました。


管理センターとの折衝は全て嫁にお願いしました。
この時の経験で職員さんともお話しできたんですが、「我々の仕事は可哀相とか可愛いと思ったら出来ない仕事なんです。。」
その言葉に重い意味は込められていました。どの職員さんも殺処分なんてしたくないんです!
実際の現場の人はどれだけ自分の感情を押し殺しているんだろう。。


この動画の最後に「管理所の仔達にも奇跡がおきますように」とありますが、僕はこの出来事を「奇跡」とは呼びたくないです。
僕は第二、第三のひまわりが当然のように現れる世の中になって、いつか無駄に処分される命が無くなる世の中になって欲しいと思います。

それまでどれだけの時間が掛かるんでしょう。。僕のブログでもこれからも世の中に訴えていきたいと思います。


今日もポチッとお願いします!

よろしければこちらにも。今日も応援ありがとう!




≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 22:43 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。