2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運命のドッグトレーナー

ボンは以前はボスと呼ばれていた。でも、どうにもボスってキャラじゃなかった。ボスには僕らの可愛いボンボン(関西弁で言うぼっちゃん)でいて欲しい!お前はボンだ!こうしてボスがボンになったのだった。

20070226210347.jpg

この頃から表情が変わってきました。笑うようになったのもこの頃からです。

あの平湯温泉以来、とうちゃんとの息も合うようになってきたのだが、やっぱり散歩で出会うワンコには異常に反応するのは変わらないまま。。

このままでは普通に挨拶できないし、ドッグランにも行けない。。

この悩みはどうしても解消されませんでした。

ちょうどその時です。会社の工場に住み着いていたワンコの足の具合が悪いようで、病院に行ってみました。

その子は去年の正月休みに旅立ちましたが、本で調べると、軟骨肉腫だったようでした。。

その時に行った病院の掲示板に貼ってあったドッグトレーナーの事を思い出しました。訓練所が話しにならないなら他を頼るしかない。とうちゃん達はそう思ったのでした。

20070226211409.jpg

とうちゃんのお気に入りの1枚です。


そうです、このドッグトレーナーこそが僕らの恩人となる人だったのです。

その人は女の方で、どこの訓練所にも所属せずにフリーでやってられる方でした。
年は嫁さんと同じくらいか、少し若いくらいの人でした。

電話をすると自宅まで見に来てくれるとの事。事前に撮っていた問題の散歩シーンの映像を見てもらう事に。

早速、映像を見て。「分かりました。ではちょっと散歩してみましょう」

とうちゃんの持つリードとは別にトレーナーさんが一本のリードを付け、とうちゃんの後ろを歩きました。

早速、前からワンコが来ました。ボンも気付き、興奮が始まろうとしたその時でした。

「イケナイ!」電撃的なショックがボンのリードに伝わりました。

ボンは興奮するより、ビックリしたようで、何事もなく通過する事ができました。訓練所にも言われたんですが、やっぱり「我慢」は必要だったという事でした。

その後の出来事は僕ら二人にとって、忘れられない出来事になりました。

家に戻ってから「では私の犬と会って見ましょう」とトレーナー。

愛車のハイエースには2頭のシェパードが相棒として乗っていました。

ボンが初めて来た日の事もあるんで、庭での面会は避ける事に。

でも、トレーナーさんは「絶対大丈夫なのになぁ」と何度も言っていました。

結局近所のお寺の駐車場で面会する事にしました。

20070226214217.jpg

駐車場に着くと、突然車から一頭のシェパードが降りてきました。まずは雌のシェパードとの対面でした。ボンは興奮する間もなく、顔を合わせる事になりました。

あれほど挨拶するなんて不可能に思えたボンが普通に顔を合わせてるのでした。これは昔のボンを知る人にはとんでもない事なんです。

「ボンが普通にワンコといれるなんて。。」あの時の僕らの感動はもの凄かった。涙がでそうでした。。

続いて雄のシェパードが降りてきました。その子にはちょっと示威的な行動をしようとしたので、訓練士さんのリードと「イケナイ!」の声が飛びました。

そうなんです。「絶対に挨拶なんて無理!」なんて思ってたんですが、自分できちんとリーダーシップを発揮できれば不可能ではないという事なんです。

おそらくビデオを見て、なぜ興奮して吠えてるのか判断できたんだと思います。だから庭で面会しても大丈夫だと思ったんでしょう。ボンは基本的に友好的ですから。

その週の週末に初めてドッグカフェに行ってみました。

20070226221546.jpg


この距離で休んでいられるなんて以前の僕たちには想像もできなかった事でした。

この出会いがなければ今のボンはなかったと思うし、どこにでも一緒に行ける「相棒」にはなっていなかったと思います。

この出来事が、2005年の5月でした。ボンが来て。8ヶ月もたっての出来事でした。

まだまだワンコを見て興奮はしますが、理解のある、犬を見る目のある人には挨拶させてもらえるようになりました。

今回も長くなりました。次回は僕がボンとの生活で感じた事や、この記事で書ききれなかった事をお話ししたいと思います。

☆ブログランキングに参加しています☆

いつも応援ありがとう!
今日もクリックしてくれると嬉しいです!
スポンサーサイト

| ボン | 20:40 | comments:34 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶり!

ボンの過去のお話しは一旦置いといて。。

日曜はハナケン サンバ♪ のはなケンママさんとドッグランに出掛けてきました。
実はケント君とは去年の1月にご一緒させていただいた仲でした。
その時の様子はこちらです!その時も体当たりで遊んでくれました。
ワンコとの遊びが下手なボンに体当たりで誘ってくれる遊びの天才なんです。

20070226225728.jpg

久しぶりに会っても「天才」ぶりは健在でした。ボンとプロレスごっこができるのは今の所、ケント君くらいしか会った事ありません。

20070226225934.jpg

プロレスごっこが終わったと思いきや。

20070226230637.jpg

「追いついてみろ~」とケント君。この日は久しぶりにめちゃくちゃ走ったボン。ボンはすぐに息が乱れたが、ケント君は最後まで走りまくってました。無尽蔵な体力、、流石でござるな!

20070226231107.jpg

この日はクマタロウも会いに来てくれました。

20070226233322.jpg

クマタロウもだいぶ大人になってました。飼い主さん曰く、「他人にここまで耳を倒して喜ぶ事はない」そうで、ドッグランに入る前から僕たちには気付いてるようでした。クマタロウの喜びのポーズは相変わらずでとても可愛いい。飼い主さんにも大事にされてるようで、とても嬉しかった。

20070226233056.jpg

はなケンママさんともお別れし、帰りは年末も行ったセルフシャンプーへ。

昨日は本当に楽しかったでした!はなケンママさん、クマタロウのおとうさん、おかあさんありがとうございました。また一緒に遊んで下さいね!



20070227124903.jpg

おまけ。はなケンママさんがどこかに行くと、悲しそうに泣くケント君でした。なかなかママさんの見れない一面なんでは?

ケント君可愛い~。

☆ブログランキングに参加しています☆

久しぶりに50位以内に入りました。応援ありがとうございます!
今日もクリックしてくれると嬉しいです

| ドッグラン | 23:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボンが家族になってから

ボンが家族になったのは、2004年の9月だった。ボンと出会って、1ヶ月かけて、庭に仕切りとハウスを作った。当時はボンではなく、ボスと呼んでいた。
ボンは衝撃的なデビューを飾ってくれた。実家犬のビアンが面会の為に来ていたんだが、庭でもの凄い声で吠えあい!ほんとにもの凄い吠えあいだった。
夕方になり、隣にすぐに謝りに行くが、「警察通報する」「平和をみだすね」「でかい犬を飼うな」とご立腹の様子。一応謝りはしたが、それ以来隣とはまともな付き合いはない。

20070225212437.jpg
とうちゃんが悩みながら撮った写真です。こちらが悩んでいるとボンの表情も悲しそうに見えますね。

正直言って、えらい犬を引き取ってしまったと思いました。これは相当の覚悟がいると。
その頃は嫁は仕事をしてなかったので、昼間は嫁に任せる事にしたんだが、他のワンコが通るとスイッチが入り、勢いよく吠える。隣にはその度に嫌がらせを受けました。ワンコには今でも異常に反応するが、これはいったいどうしたらいいものなのか、本当に悩みました。相手がワンコじゃなければ、興奮する事もなく、それなりに大人しくはしてくれたんですが、、

20070225212956.jpg
ボンのハウスです。これには気に入って入ってくれました。冬でも暖かく、人が一人入っても一緒に寝れます。

とうちゃんが仕事から帰ってくると、隣の意地悪な仕返しに嫁が「どうしたらいいかわからない。。」と泣いてしまいました。
「それだったら訓練に出そうよ」最後まで飼う責任もあるし、思い切って訓練に出す事にしました。
訓練所では「もう2歳なんで、無理かもしれない」と言われましたが、預ける事にしました。期間は3ヶ月。

ボンとは訓練所に預ける前日の夜に浜まで散歩に行きました。
月明かりの浜辺を思い切りノーリードで走りました。
帰ってくるか分からないのに、なぜか「大丈夫」だと自信がありました。座ったり、待たせたり、思い切り一緒に走って本当に楽しかったですが、なにか明日には手放すんだって錯覚に陥ってしまって、とても悲しかったでした。

1ヶ月目の面会に行くと、それなりに指示にしたがってる様子。訓練所の所長も「素直なんで、なんとかなるでしょう」との事。

20070225214618.jpg
来て間もない時期でも、安心して寝てくれてました。ボンの適応力のすごいところかもしれません。

そして、3ヶ月が経ちました。これで全て大丈夫だと思ったのは、とうちゃんがまだまだワンコを理解していなかった証拠だったと思います。

ボンはやっぱり他のワンコを見て異常に興奮します。狂ったように興奮します。どうしてそれが治ってないのか不思議でした。
訓練所にも相談しましたが、「叱って我慢させるしかない」との返事。
とうちゃんは叱って我慢させるのではなくて、ワンコを見ても、普通にいられるようになって欲しかったのです。
これじゃ訓練の意味なんてない。。さらにまた悩みました。
このままじゃ散歩すらまともにできない。。ドッグランにも旅行にも一緒に行けない。。

そんな悩みはありながらも光が見えて来たのは、訓練所から帰って来て、1ヵ月後、平湯温泉スキー場に行った時でした。
ゲレンデ脇を一緒に歩いたんですが、もの凄く喜んでくれました。とうちゃん達と一緒にいる事の喜びを素直に全身で表してくれました。

20070225222437.jpg

この頃はデジカメが壊れてたのもありますが、ほとんど携帯カメラとビデオカメラでした。改めてビデオを見てみると「こいついう事聞かへんねんなぁ」とボンをバカにするとうちゃんの声がよく入っていました。
なによりとうちゃんがボンを信じようとしていなかったように思います。

ボンはその後すごい進化をします。それは一人のドッグトレーナーとの出会いがありました。

長くなるんで、読んでくれてる人が疲れると思います。この続きはまた次回という事で。

☆ブログランキングに参加しています☆

久しぶりに50位以内に入りました。応援ありがとうございます!
今日もクリックしてくれると嬉しいです。

| ボン | 22:54 | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

改めまして

今更ながら、、改めて自己紹介したいと思います。

とうちゃんの事よりも、ボンの事です。でも、ちょっととうちゃんの事も。

とうちゃんはオイルショックの年に生まれました。小学校2年生で初めて猫を飼って、31歳になるまで実家では猫が途切れた事はありませんでした。嫁はずっと柴犬を飼っていて、19歳まで育てた経験があります。

嫁と出会って31歳で結婚し、新婚1ヶ月くらいしたある日。

「私、ジャーマンシェパードが欲しいねん」と嫁。

「シェパードはわかるけど、なんでジャーマンやねん?」とうちゃん。

まだ普通のシェパードがジャーマンである事なんてまるで知らなかったでした。

「飼ってもいいけど、どうせなら買わないで、引き取ってあげたいなぁ。そんな縁があるならいいよ」

ボンと初めてあったのは8月の終わり頃。

当日は釣りに行く予定でしたが、悪天候のため中止。前日の夜遅くまで嫁がネットでシェパードの里親募集をさがしていると「同じ県内で電話連絡とれる人希望」とあり、小さいですが、顔写真がありました。
嫁は一目見て男前だと思ったらしい。
見つけた時は遅かったので、翌朝に早速メールしてみる事に。

とうちゃんは初めて触ったシェパードがボンでした。

20070224210227.jpg

ボンが来た最初の頃の写真です。まだ顔が黒いでしょ?

返事があり、早速面会する事に。とうちゃんも「偏見」があったのか、最初は緊張しました。でも、「恐い」という偏見ではなく、頭がいいからバカにされるんではないか?という方だった。馬は人を乗せても下手な人なら馬鹿にして動かないというが、そんな感覚だった。

とうちゃんはワンコを飼うなら、中型以上で、絶対に一緒に遊べるワンコが欲しかった。そんなワンコならなんでもよかったが、ボーダーやラブのような活発な子が欲しかった。

対面してみると、部屋にいるご主人が明らかに気になる様子で、僕らの事はほとんど無視だった。でも、思ったよりずっと可愛かったでした。

20070224211051.jpg

飼い主さん宅をあとにすると、早速「お願いしたい」との返事。

その時の心境は全く嬉しくなくて、むしろ責任の重さを感じてました。多分、自分に子供が出来たと聞いても、責任の重さを感じて、思い切り喜べないと思います。でも、嬉しくないわけではないんですよ。

20070224211818.jpg

早速、迎え入れる準備をして1ヶ月後、ボンはやってきた。ちょうど、2歳と2ヶ月だった。その時の名前はボンではなく、実はボスだった。

こうして二人と一匹の生活が始まった。

ボンがここまで心を開いてくれるようになるまでは、それなりの苦労もあったと思う。ボンがここまでのワンコになっていった経過は僕らの貴重な経験となりました。

この続きはまた次回公開したいと思います。

今回の画像はボンが来た直後の画像です。今にいて思えば不安そうな顔してますね。この頃は若く顔も黒いです。

☆ブログランキングに参加しています☆


☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| ボン | 21:42 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ犬は人を噛むのか

ボンを家族に迎えてからとうちゃんは本屋に行く度に、ワンコ本コーナーに真っ先に行くようになった。ワンコの本はたくさん出ている。
しつけ本やワンコ雑誌。その中で、去年の10月くらいだったが、とても気になる雑誌を発見した。その雑誌で特集していた「なぜ犬は人を噛むのか」て言う特集。

20061212232118.jpg

ボンに噛まれた事がない(遊びのときは別で)とうちゃんにとってはどうでもいい内容なんだが、そのページを見た時にどうにも許せない感情になってしまった。

20070222215637.jpg

特集の記事のいたるところに、牙をむき出しにしてうなるシェパードのイラストが使ってあった事。
ワンコと愛犬家のために存在する雑誌でどうしてこのような「偏見」を煽り立てるような事をするんだろう?
シェパードといえば警察犬。防衛などでやる演技が強調されてしまって、散歩してても子供がクモの子散らしたかのように逃げて行ってしまう。

20070118225136.jpg

そんな子供たちは仕方ないんだが、ドッグランでも入場と同時にワンコを連れて出て行ってしまう飼い主や、適正もろくに見もせずに隔離する管理人。世界中でシェパードは飼われている。欧米ではラブ、ゴールデンに次いでシェパードなのだ。ドイツにいたっては一番人気。
シェパードに対する欧米の認識は「恐い」ではなく「飼い易い」なのだ。

20061215214224.jpg

日本でシェパードをテレビで見ると、芸人を噛ませたり、防衛のシーンばかりが目に付く。ちょっと気付いた事だが「さすらいのドッグトレーナー」のエンディングでのワンコが人を噛むシーン。「噛む犬」の象徴のシェパードが噛むシーンは一つも流れてない。これは外国のメディアが作った映像だと容易に推測できる。

20070222222440.jpg

偏見に心をいためているシェパ飼いは意外に多い反面、訓練士に任せきりのくせに自分のシェパードは賢いからと他の愛犬家はバカにするバカなシェパ飼いが多いも事実。

DSCF0177.jpg

僕がブログを始めたきっかけは少しでも偏見を取り除きたい。特別賢いわけでもなければ、人を噛む事もない普通のワンコとわかってもらいたいからだ。

20070222223637.jpg

これからも堂々といろんなところに出掛けたいと思う。
今回は使い古された画像を並べてみました。どれも親ばかのとうちゃんのお気に入りの特に可愛い画像を並べてみました。かっこいいではなく、可愛いでしょ?


☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| 独り言 | 22:42 | comments:41 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボン君、爆走!!

日曜は長野県の白馬岩岳スキー場に行ってきました。

さてさて、昨日の続きですが。

今日はボンの動画を公開したいと思います。



まずは足慣らし!



全力疾走!前にチラッと見えるのがとうちゃんです。




到着~!


ゴンドラ山頂からは4~5kmはあると思います。最初はちょっと寄り道しましたが、ほぼ全力疾走!
去年の9月に足首を骨折し、どうしても冬にいっぱい走りたかったんで、秋はずっと我慢でした。
麓に着いた時には、ボンの足もプルプルと笑ってました。

雪が少ない今シーズンだけど、ボン君、あと2回は行きたいね。


☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| スノーボード | 20:52 | comments:33 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩岳セッション

昨日は白馬岩岳に行ってきました。今回もとうちゃんとアツシ君の二人だけのセッションとなりました。ゲレンデの状態は今年の雪不足をモロに感じさせる状態。この日も前日に湿った雪が少々降っただけでした。

20070219222447.jpg

午前中はコース脇の新雪で戯れる二人。今回はとうちゃんはテンションが高いが、アツシ君は若干下がり気味。それでも、滑るうちに楽しみを見つけれるのがアツシ君のすごいとこ。パークやパイプがなくても、壁当てとかで存分に楽しめました。そして昼からはこのコンディションなのにありえないテンションの二人。とうちゃんは技がないので、飛んだり回ったりできるわけではない。それでも楽しめるのはアツシ君がいるからこそなのだ。

20070219223213.jpg

この岩岳のゴンドラはどうやらワンコが乗れるらしい!大型犬もOKという事なので、ラスト1本はボンと滑る事にしました。ボン君、ゴンドラの高さにちょっと恐い様子。

20070219223806.jpg


ここが岩岳の山頂です。この日はずっとこんな天気でガスってました。このころにはボン君のテンションも最高潮でした。

20070219223957.jpg

最初は事故を恐れてリードを持ってましたが、人もまばらになってきたんでノーリードでの追いかけっこ。今回はアツシ君がデジカメを持って、追い撮りしてくれました。アツシ君ありがとう!

20070219224222.jpg

まだ他にも人はいたが、ボンは周りの人より、先に行くとうちゃんを追う事で精一杯。周りの人もボンより滑るのが遅いので、とうちゃんがボンより速く滑れば事故になる事はなかったでした。

この先は動画で公開したいと思います。お楽しみに!



☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| スノーボード | 23:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

危険信号

実はとうちゃんはまだまだ若い(つもり)。確かに外見は父親譲りで若く見えると思う。28歳の時に18歳の高校生に一つ上に見られた事もあるくらいだ。まぁそんな事は自慢にはならないんだが、確実に頭の中は退化してるように思う。

20070217213829.jpg

最近始めた遊びがこれ。ボンにボールを探させる遊び。ボンを座らせて、待たせる。この時にリードをボンの近くに置いたはずなのに、見つからなくなってしまった。「あれ、どこに仕舞ったっけ?」という事が多くなってきたのだ。この写真を手がかりに探しているが、一向に見つからない。

20070217214151.jpg

実はこの前のスノートリップの帰りも、流葉スキー場から高山市内のパイルドライバーまで、デジカメを車の屋根の上に置いたまま走ってしまったのだ。すっかり屋根に置いてたのを忘れてしまってたのである。ちなみに流葉からパイルドライバーまでは50kmくらいあります。パイルに着いて気付いた時は奇跡を感じました。

20070217214704.jpg

ここは柿畑なんで、木の枝にボールを隠したりする。最近、その成果が出てきて、自分の嗅覚でみつけてくるようになってきたのだ。ちなみにとうちゃん達の住む町は次郎柿の生産量が日本一らしい。

20070217214644.jpg

ボールを見つけたところで口笛と声で呼び戻す。こうやって写真だけ見ると、ボンがとても従順でお利口なワンコに見えてしまう。しかし、かなりのわがままで超落ち着きがない。実際はまだまだなんです。
だってリードは探してくれないんです。。とうちゃんが悪いんですが、ボンよ、好きなボールだけを捜すんではなくて、少しはとうちゃんに協力しておくれ。


明日は白馬の方にスノートリップに行きます。
帰りは例のごとく、夜中になります。コメントのお返事少し遅れますね。いってきま~す。


☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| 散歩 | 22:08 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレヨンしんちゃんの13年後

もうすでにそらぱぱさんのブログでも紹介されましたが、僕自身とても心を打ったお話しですので、僕のブログでも取り上げたいと思いました。

クレヨンしんちゃんの13年後
↑クリックして、100%になったらSTARTを押して下さい。

ワンコやニャンコと生活していけば楽しい事ばかりではないと思います。しつけに失敗して、問題行動に悩まされたり。

でも、悩みは誰にでもあると思います。

どうか目の前にいる我が子(ワン、ニャン)に心の底から愛情を注いで欲しいと思います。
そして、どうか捨てないで下さい。
大きくなったからといって捨てないで下さい。
勝手に子供生んだからといって捨てないで下さい。子供を望まないならしっかりと見てあげて下さい。
そして、どうか老いても最後まで看てあげて下さい。

今回このお話しを知って、昔、飼っていた猫を思い出しました。
そして、自分より確実に早く死ぬボンの事を思いました。

これからもボンとは「いつ死んでも悔いが残らないように」生きていきたいと思いました。


☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| 未分類 | 21:34 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スノートリップ その2

今日は凄い雨だった。どうしちゃったの?台風シーズンですか?
ここまで酷いと諦めがつきます。
今年はかなりの暖冬で、雪不足。今回、飛騨の方に滑りに行ったが、泊まりは安房トンネルを越えて、松本の方に行った。
県境の長いトンネルを越えると、そこは。。雪が少ない!格段に岐阜より少ない。今シーズンは長野より岐阜。白馬、妙高、北信越より岐阜なのだ。



この日はアツシ君ととうちゃんだけの濃密なトリップとなった。
アツシ君はニセコ時代からの友人で、かなりのスノーボード好き。アツシ君はツリーランが大好き。とうちゃんもツリーは好きだが、今回はブーツに慣れてないんで、かっちょよく滑る自信がない。。という事で今日はカメラマンになってみました。


今年のコンディションの悪さの中で、これだけスプレーがあがる。このアツシ君の凄いところは、いい雪を探す嗅覚が凄い事!アツシ君の行く山に付いていけば、かなりの確立でいい雪に出会える。
確かに今年は雪が少ないが、斜面の向きを考えて山を選んだり、情報網を駆使していけば楽しい思いができるのだ。
滑りに行けばいろんな状況に出会う。カリカリの時もあればシャバシャバの時もある。
どんだけコンディションが悪くても、いかに楽しめるかだと思う。
それは凄い技術なんだとアツシ君を見ていてとうちゃんは思う。若くて、上手い人はたくさんいるが、そういうところはアツシ君を見習って、頑張って行こうと思う。


☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| スノーボード | 20:39 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スノートリップ その1

週末の11日、12日は岐阜の方にスノーボードに行ってきた。
久しぶりのスノーボード。しかも2Days。今回は新しいウェアと新しいブーツとバイン。これほど道具を買い換えるのは何年ぶりだろう?

20070213223909.jpg

初日は「ほうのきスキー場」何回か来た事があるが、実際滑るのは今日が初めて。
一緒に滑るのは、嫁、ニセコ時代の友達のアツシ君とテル君。
今回は深雪が期待できないのであれば、ゲレンデを滑ろうという事でほうのきの決まった。今年は冬型の気圧配置が長続きしない。この日は今年にしては冬型の天気でうっすらとパウダーだった。

20070213224359.jpg

今回は新しいブーツとバインで滑る。新しいブーツはアキュブレイド。とうちゃんもとうとうステップインデビューしてしまった。
はたして初めてのステップインはどんな感じなんだろう?

実際滑ってみると、よく言われる「反応の速さ」ってのは思ってたほどでなく、ベースプレートの薄さだけがよくわかった。
薄いので、ちょっとした段差でも振動が強く伝わる。緩斜面でのシュプールでもガガガと大きく伝わってくる。これには正直恐かった。
絶対にポコジャンでも飛べる気がしない。あと、足の支点が足首から、ふくらはぎ、スネに上がった気がした。これは慣れが必要で、正直誰にでもあう物ではないと思った。

20070213225340.jpg

今日は出来るだけ、ブーツとバインに慣れる事で一日が終わってしまった。一応、前のブーツは持ってきたが、せっかく買ったブーツなので、なんとしても慣れなければいけない。



日も暮れてきたのでボンと遊んだ。遊んでいると、前にシェパードを飼っていた人が来て、お話しする事ができた。その子は13歳まで生きたそうだ。シェパードで13歳だったら長生きした方だと思う。ボンも13歳まで生きてくれるんだろうか?久しぶりにシェパードを触れ合えてとても喜んでもらえた。

20070213231542.jpg

滑った後のお楽しみは温泉。ここは「平湯の森」ここは露天も広く、かなり気持ちがいい!ここで、偶然にもシェパードを飼っていたご家族と再会する事ができた。人当たりのいい素敵な紳士だった。自分もそうでありたい。

明日はお気に入りの流葉に行く。はたして明日にはブーツに慣れる事ができるだろうか?


☆ブログランキングに参加しています☆
☆ポチッとクリックしてくれると嬉しいです☆

| スノーボード | 23:29 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬はどこへ?

今日は月に1度の土曜休み。今時、月に1度しか土曜休みがないなんて、なんて家族サービスに向かない職場なんだろうって思ってしまう。
今日は風呂に入ってまったりしていたのだが、さっきまでやっていたテレビ番組に釘付けになってしまった。
20070210211634.jpg

「世界びっくり映像Q」という番組。
地球温暖化は想像を超えるスピードで進んでるらしいが、カナダに住むホッキョクグマにも多大な影響を与えてるらしい。温暖化で氷がはらずに、生活の場が奪われているとの事だった。

20070210211919.jpg

日本と同じように食べる物を求めて人里に現れるようになったのだ。家に侵入して射殺されるホッキョクグマ。。ある動物写真家が「野生動物にたいして、可愛いとか思うのは間違いだ」と言っていた。しかし、親子のホッキョクグマに会った時に、自分で思っていた信念を忘れて、可愛いと思ってしまったという。

20070210214530.jpg

厳冬の地で生息するホッキョクグマの生活の場を奪ってるのは他ならぬ人間なのだ。
今年はとうちゃんの人生で一番の暖冬だと思う。実際東京でも初雪が観測されない記録を更新するのは確実らしい。

20070210214945.jpg

「可愛い」から可哀相ではなく、自然界の掟の中でたくましく生きて欲しいと思う。

明日は1ヶ月ぶりにスノーボードに行く。ちょっとだけ冬型になるんで少しだけ期待している。
自然の恩恵を受けに行くのだ。明日は感謝して滑りたいと思う。

帰りは月曜の夜中になると思います。コメントのお返事ちょっと遅れますね。


☆ブログランキングに参加しています☆
☆みなさんのポチッおねがいします☆

| 独り言 | 21:56 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

el nino(エル ニーニョ)

今年はエルニーニョ現象 が起こっているらしい。このエルニーニョ現象とは、南米ペルー沖の太平洋で海水温が上昇する事をいうらしい。ちなみにエルニーニョとはスペイン語で「神の子」を意味する。

20070204205158.jpg

このエルニーニョ現象が起こると、世界レベルでの異常気象が起こってしまう。今年で言えば、カリフォルニアでの寒波。オレンジが大打撃を受けていたが、逆にニューヨークではありえない暖かさといった具合。そしてなにより日本の暖冬、雪不足でしょう。

20070204205732.jpg

この雪不足はスノーボーダーのとうちゃんにとってはかなりの重大事項。ここ近年、地球温暖化に拍車がかかっているが、このままでは冬がなくなってしまうかもしれない。そうなればスノーボードどころではなくなってくる。

20070206184906.jpg

そこでお勧めしたいのが、滑りに行った時の車中泊の方法。夜中にゲレンデに着くと、みんなエンジンをつけて寝ている。たしかに寒いが、ちょっと用意をすればなんとかなるものだと思う。
なにより、一酸化炭素中毒の危険もないし、雪が汚れない。汚い雪では滑りたくないものだ。

20070206185206.jpg

まず用意するのが、寝袋。例えばモンベル。バロウバック#0(快眠温度ー16度)か#1(快眠温度ー9度)。実際は#0が調子いいらしいが、#1で寒いのだったら、足元に毛布を入れれば快適との事。

20070208204700.jpg

当然、エンジンは切る。車中で快適に寝袋で寝る方法として、意外と知られてないのが、車内を温めない事。あと、極力薄着にする。ファーストレイヤーだけで十分で、厚着すると暑くなるのだ。

20070208205139.jpg

最初に車内を温めすぎると、暑くなって、寝袋のチャックを無意識に開けてしまうのだ。車内が冷めてくると、隙間の開いた寝袋はどうしようもなく冷えて、寝るどころじゃなくなってくる。

20070208211305.jpg

最初はちょっと寒いが、寝袋のチャックをしっかり閉めて、自分で温かくしていく。あと、呼吸する空気も冷たくなるんで、首元に毛布でもあればいいかと思います。それと、下に敷くマットがあれば尚、OKかと思います。

20070208212016.jpg

これからも冬はスノーボードが出来る事を願って、自分でも出来る事をやって行こうと思う。(今回は友人のアツシ君のご意見をもとに書いてみました。アツシ君、どうもありがとう!)




☆ブログランキングに参加しています☆
☆みなさんのポチッおねがいします☆

| スノーボード | 21:05 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ボンご飯☆

今日はとうちゃんお仕事で遅いので、嫁の登場です。
ボンのアレルギー?対策のために手作りご飯を始めました。
ワンコは雑食なので思ったよりいろんなものを食べれるんですよ。

では最近始めた、ボンご飯を一挙公開いたします。
20070131204245.jpg
ブロッコリーとさつまいもを牛スジと一緒に煮込みました。


20070201222005.jpg
キャベツとジャガイモを牛スジスープで茹でました。


20070202214923.jpg
キャベツを牛スジスープで煮ました。炒り玉子ときゅうりをトッピング。


20070203214849.jpg
とりそぼろごはんです。


20070204214947.jpg
緑黄色野菜ごはん。ボリュームたっぷりです。


20070205231034.jpg
彩りいりこごはん。人参とさつまいもがメインです。

今年は野菜が安く手に入るので、たくさんの野菜を入れてあげれます。下ごしらえまでが一緒なので私たちのご飯になるものもあります。
これからはいろいろ勉強してもっといろんなご飯を作っていってあげたいです。何か美味しいご飯レシピがあれば教えてくださいね。         嫁でした。


☆ブログランキングに参加しています☆
☆みなさんのポチッおねがいします☆

| 独り言 | 21:24 | comments:28 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛情表現?

今日は朝から気分よかった。どうも発熱は収まったみたいです。年末の「ノロウイルス」の時に37.5度まで上がった時はもかなりしんどかったが、今回は38.7度まで上がった。後で、嫁が書いたブログを読んで、「寒い」「暑い」を交互に言ってたと、自分でも気付かなかったくらいです。嫁が気をきかして湯たんぽを入れてくれたんですが、それが熱くて。でも、上半身は寒かったんです。しかし、かなりしんどかったでした。ご心配をお掛けしました。

20070204212047.jpg

今朝は恒例の3人での散歩。みんなでに行くとボンが大喜び!今日は凄い風で、こんな感じでした。強風に向かって体を傾けるとマイケルジャクソンのような事ができます。こんな日は飛んでる鳥も大変なようで、なかなか前に進んで行かないんです。


今日はボンを洗いました。今回はとうちゃんが調子悪いんで、嫁さんに任せました。ボンはとうちゃんが帰って来た時。食後。風呂上りにこのような行動をします。すごい気分がいいようですが、どんな意味なんでしょうね?僕らには喜んでるように見えますが?




☆ブログランキングに参加しています☆
☆みなさんのポチッおねがいします☆

| ボン | 21:41 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急上昇!

この週末に向けて、とうちゃんのテンションも急上昇!じゃありません。


そうです、熱が!急上昇です。


また38度台の乗りました。本格的なインフルエンザかも知れません。


インフルエンザは我慢しよう。だが、鳥インフルエンザでない事を祈ります。


しかも、明日は仕事です。もう勘弁してよって感じですね。


この調子じゃぁ「さすらいのドッグトレーナー」は見れそうにないですね。


せっかく、新しいブーツとバインも仕入れたのに、披露できずじまいです。


とにかく治します!治さないと、遊びも始まりません!


こりゃ日曜は休養ですね(当然です!)。嫁よ、うつらないないように自衛しておくれ!



☆ブログランキングに参加しています☆
☆みなさんのポチッおねがいします☆

| 独り言 | 21:08 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。