| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産のスキー場

1月20日にめでたく初滑りに行けたボン一家だが、10日後の30日にもスノーボードに行く事ができた。

画像 113

行って来たのは世界遺産の白川郷の近くにあるたいらスキー場

今シーズンは雪がたくさん降っていたが、この日の積雪量はなんと5メートルに達する勢いだった。

画像 116

朝一で除雪した駐車場もこのとおり。

画像 119

上の写真ではわかりにくいので画像をもう一枚。

昼過ぎまで滑って車に戻ってみると車が雪で埋まってました。。。


ほんと、雪国にお住まいの人は大変だと思う。。

スポンサーサイト

| スノーボード | 21:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我慢の限界

仕事漬けの日々が続いても、ストレスは少ないと書いたが、雪が降れば滑りに行くたくなるのはどうしようもない欲求なので、先々週の木曜日に仕事を休んで滑りに行って来た。

画像 022
ボン君、早速雪の中を走っています。

行って来たのは去年も滑りに行ったスキージャム勝山。

ジャム勝は奥にそこそこ広いスキー場だが、実際に滑ったのはバフバフのオフピステが滑れるリフト1本。

画像 012

ボン君、久し振りに外でとうちゃんと思いっきり遊べてとても楽しそうでした~。


ボン、また一緒に雪山行こうねぇ!!



| スノーボード | 21:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京に雪が降ると。。

今日は東京に雪が降ったらしい。

新雪を滑るのが大好きなスノーボーダーにとっては雪が降ることはありがたい事なのだが、長野や新潟で降らずに東京で雪が降ってしまうのはあまりありがたい事ではない。

画像 074

これは4日に滑りに行った新潟の赤倉観光スキー場。真ん中に見えるのは百名山の一つ妙高山。

とうちゃんはたまに赤倉に行く事があるが、いつも滑るのは赤倉観光エリア(旧前山)で赤倉温泉(くまどー)には見向きもしない。

話しは戻るが、なぜ北国で降らずに東京で雪が降るとよくないかと言うと、低気圧の位置が問題だということ。

画像 075

赤倉から見える北信エリア。右の端にナウマン象で有名な野尻湖が見えます。

一番理想的なのは、日本海。特に東北と北海道のはるか北西のところに、マイナス30度くらいの寒気(低気圧)が居座って雪を降らすのがベストであって、今回のように低気圧が太平洋を通過する事で降る雪はパウダースノー好きにはあまりありがたい雪ではないのだ。

それでも普段雪があまり降らない山梨辺りのスキー場には恵みの雪となる事もあるだろうが。。

画像 076

こちらからは遠く、野沢温泉が見えます。



今年は長期予報では暖冬との事だが、今のところ寒気は頻繁に入ってきている。

気温が高く、サラサラのパウダースノーではないが、2月の中旬以降はどうなるかわからないので、1月と2月で出きるだけ雪山に出掛けたいと思う。




今日も一日一回のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

よろしければこちらにも。
FC2ブログランキング


今日も応援ありがとう!



| スノーボード | 21:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪渓を滑る!

快晴の乗鞍高原に戻ったこの日。 今日はこの山に登ります。

P4280033.jpg

日本百名山の一つで、長野県と岐阜県の県境にある乗鞍岳

登ると言っても、畳平まだ上がる乗鞍エコーラインはまだ開通していないので、歩きで登る事になる。

P4280034.jpg

乗鞍ゲレンデの最上部のカモシカコースまで車で登って、そこからスノーシュー履いて登る。

装備はスノーシューと両手にストック。背中に背負うバックパックはスノーボードを背負えるようになっている専用の物を使う。

P4280036.jpg

今回初めて乗鞍岳にハイクアップしたのだが、この山はとてもわかりやすい登山コースになっていて、初めての人でも安心して登れるのがいいところ。

登り始めの斜面は迷うことのない林間コースになっているし、斜度も緩いので安心して登る事が出来るのだ。

P4280035.jpg

登り始めて約1時間。

下で見た時はあれだけ遠かった山頂付近も徐々に近付いてきた。

P4280040.jpg

そこからさらに登ること30分くらい登ると森林限界を超えて、大雪原が姿を現しました。

しかし、この時点で全身の疲労はピークを超えていて、嫁はこの地点を待たずして一人で滑り降りてしまいました。

P4280046.jpg

とうちゃんも「もう降りてしまおうか・・」と思ってしまうくらい息も切れているが、ここから先が「登った人だけに許される贅沢」。

ここから先は休憩を挟みながらも、登る毎に変る景色を楽しみながら、さらに登り続けました。

P4280047.jpg

3時間弱登った時点で、岐阜県との県境にあるコロナ観測所が見えてきた。

しかし、この時点で急に雲が出てきたので、ここで登山を断念して降りる事にしたとうちゃん。とうちゃんは普段のゲレンデでもそうだが、夕方になったり、晴れているのに急に曇ったりすると雪面の起伏が非常に見づらくなるのだ。(過去にそれでこけて靭帯を断裂した事がある!)


せっかく3時間くらい掛けて登った乗鞍岳だが、滑り降りるのは、ほんの15分くらいだった。


期待していた雪質だが、意外とガリガリで、風に打たれた斜面はウネウネにうねっていて残念な事に、とても楽しく滑れる雪とは言えなかった。


しかし、この雪の中でもたくましく生きる雷鳥がいてると思えば、とても神聖な気分になれる。


風の音と鳥の鳴き声しか聴こえない春の大雪原。この世の果てとはこのような景色なのだろうか。。


大袈裟な言い方かもしれないが、そんな気分にさせる春の大雪渓だった。


今日もポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

よろしければこちらにも。
FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

ちなみに・・

画像 042
画像 041

これは以前、10月頃にエコーラインを登って行った時の乗鞍岳。

雪があるとないとでは全然景色が違いますね。

| スノーボード | 21:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◆◆ ~ダブルブラックダイヤモンド~

まずは二日目に向かったスキー場の白馬コルチナスキー場の紹介を。

白馬エリアには長野オリンピックの滑降の競技が開催された八方尾根スキー場を中心にたくさんのスキー場がある。

それぞれに特長があるスキー場があるのだが、初心者を連れて行くなら緩斜面の多い栂池高原で、パークで遊ぶのが好きだったら一番麓のヤナバといった具合だ。

画像 012

とうちゃんの場合はフリーラン、特にパウダースノーを滑るのが大好きなので、白馬に行く時は滑り応えのある八方尾根スキー場か白馬コルチナスキー場に行く事にしている。

特に今回滑りに行った白馬コルチナは雪が降った時には、パウダー狙いのボーダーやスキーヤー多く集まる白馬のパウダーのメッカなのだ。

コルチナのゲレンデマップです。

これは白馬コルチナのゲレンデマップ。

そして、凄い事に昨日はパウダー狙いの時はメインで回す第4ペアリフトを動かしていなかったらしい。。。

昨日、リフトを動かしていなかったと言う事は、木曜のリフト終了からずっと雪が積もりっぱなしと言う事になる!


これはウインタースポーツに興味のない方にはピンとこない話しだと思うが、この状況はかなり凄い事なのだ。

画像 228

どこをどう滑ってもバフバフのパウダーだが、まずは最大斜度42度の稗田山C2コースを思いっきりチョッカル(直滑降)とうちゃんとテル君。

とうちゃん、普通にゲレンデを滑らせたら初級者並の実力だが、バフバフのパウダースノーの上なら「ちょっとは滑れる人」に昇格するのだ。

画像 231

その後しばらくはハイテンションで絶叫しながら滑るも、リフト運行開始2時間後くらいには気温がグングン上がってしまったので、楽しく滑れる所がなくなってしまったのだった。

せっかく積もったパウダースノーも気温が上がってしまうと、踏んだ雪が固まってしまうので、どうしても滑り辛い雪になってしまうのだ。

画像 233

今年の冬は暖冬、、いや、去年も一昨年も暖冬だったと思うが、最近は山に滑りに行っても、本当に気温が高く感じてしまう。

この後は普通にゲレンデを滑っても疲れるだけなので、とっておきのコースを滑るとうちゃんとテル君。



ここから後は、今回の記事のタイトルの解説も合わせて「続きを読む」でご覧下さいませ。



一日一回の応援のポチをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログへ


FC2ブログランキング

今日も応援ありがとう!

≫ Read More

| スノーボード | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。