| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今だから書けること

今なら書けると思ったので記事にしようと思う。

ブログをやっている人は何かしら目的とか、訴えたい事があってブログをやっているだろう。富士丸のとうちゃんの穴澤さん場合は、見ている人に犬と一緒に暮らす幸せを届けたい事と、犬を飼う手段の一つとして里親募集サイトを利用する事を広めたい事。とうちゃんもその一人。

ブログを初めて4年半。とうちゃんもやっとブログを始めたきっかけの一つを書こうという気持ちになれた。

ボンがうちに来た頃

それは成犬譲渡の可能性。

ボンは2歳でうちの子になった。そして、とうちゃんは猫こそ子供の頃から飼っていたが、犬を飼うのは初めて。しかも、既に成犬のシェパード。さらに言うならボンは訓練を受けていない。

嫁は子供のころから柴犬と暮らしていたが、普通で考えれば無謀な事だったろう。

ボンがうちに来た頃はとても悩んだと思う。散歩で犬を見るだけで火が着いたように吠え狂う。リードを持つとうちゃんでさえ引き摺られそうになった事をよく憶えている。

吠える犬

あの頃は本当に悩んだ。いろんな大型犬のサイトを見ては主宰者に電話で相談もしたものだ。街でシェパードを散歩させている人を見つけると、車を停めて駆け寄っては、ボンが大人しくなるヒントを得ようと話しかけたりもした。

そして、運命を変えるドッグトレーナーさんに出会って、ボンとの素晴らしいワンコライフが始まった。

とうちゃんは特別に努力をしたとは思っていないが、自分なりに執念を燃やすことができたと思っている。

車のボンの寝顔

前にシェパードを多く引き取って里親さんを探してる人の里親募集記事を読むと「シェパードという犬を理解されている方希望」と見た事がある。この意味ってどんな意味なんだろう?

おそらく「シェパードは訓練してこそシェパードになる」と考えているか「シェパードもラブも小さい犬も同じ犬。シェパードを特別視しないで犬として普通に扱える」のどちらかだと思う。

とうちゃんがここで訴えたいのは明らかに後者の方。

釣りにいきました

こんな事を書くと批難を受けるのを承知で書くが、とうちゃんは訓練と言うものがあまり好きではない。

いや、訓練は否定はしない。訓練をする事で犬が生きがいをで得られることもよくわかるし、訓練をする事でワンコと飼い主さんの関係がよくなる事がたくさんある事もわかる。

正確に言うと、ボンを預けた訓練所の所長の言葉がとても受け入れられないと言う事だろう。

ボンを預ける時に「2歳では訓練しても遅い」と言われた。当時は悩みに悩んでいたので、それでもお願いしようと思ったが、果たして2歳で遅いものなのだろうか?

とうちゃんは2歳でも全く遅くはないと思う。所長には警察犬にしてくれと頼んだわけではない。なのに、どうして2歳で遅いのだろうか?普通に家庭犬として過ごすのに2歳で遅いと言うのはあまりにも希望がない言葉だと思う。

ボン君

ボンは訓練所から帰ってきても、ほとんど変わる事はなかった。変わったのは自分達が心を入れ替えてから。

むしろ、ボンがボンらしさを保って帰ってきたのはよかった事だったのかもしれない。結局は自分達で努力しない事には自分の犬を変える事はできないのだ。

訓練所は犬と暮らしてる人からみたら駆け込み寺だと思う。犬と上手く関係を築けなくて相談に行く。素人からすると訓練所の所長の言葉はとても大きく感じるだろう。

そのような人が普通に散歩が出来るようになるのに、「2歳で遅い」と言うのはあまりにも希望がないだろうか。

そう言われて自分の犬を保健所に持って行く人もいないとも言いかねない。

浜辺のボン

今、震災の影響でたくさんのワンコが保護されている。震災でなくても、家族を待つワンコやニャンコはたくさんいてるだろう。保護団体でも飼い主が見つかる可能性の高さを考えて、純血の小型犬ばかりを対象にしてる団体もある。

里親募集サイトではたくさんの成犬の記事が掲載されている。

とうちゃんがここで訴えたいのは、仔犬からでなくても、とうちゃんのように犬を飼った事がない人でも、大型犬のシェパードとも普通に暮らす事はそんなに難しい事ではないと言う事。

笑う犬

シェパードは訓練所に預けてからでないと飼えない犬ではないし、スパイク首輪でないと散歩できない犬ではない。

一緒にいっぱい遊んで、家族と楽しく笑う。たったそれだけでもプロの訓練士にも育てれない自分達の可愛い家庭犬に育てあげる事はできるのだ。



新しく犬を迎えようと思う人たちから、「成犬の大型犬」の選択肢を持ってくれる人が少しでも増えることを心から願っている。



岩手で頑張るとうちゃんに応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ




スポンサーサイト

| 独り言 | 16:39 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手行き決定!!

突然ですが、来週から岩手に行ってきます。

何をしに行くのかと言うと、被災者された方の当面の住まいとなる仮設住宅を作りに行く。

安比方面からの岩手山

今回の震災はいろんな業界に影響を与えているが、とうちゃんのいる業界も震災の影響をモロに受けてしまっている。


この影響は震災の直後から始まった事なのだが、仕事をしようにも材料が入らないので、いくつもの物件で作業が止まっているのだ。


理由は諸説ある。工場が被災したので材料が作れないと言った事や、全国にある在庫を被災地優先で使うので押えられてしまった事など。

今までずっと休みもなく働いていたが、ここしばらくは自宅で待機する日も増えていたのだった。

岩手の安比高原

しかし、やっと被災地に行く事になった。別に行けるのだったら宮城でも福島でもどこでもよかったが、岩手に決まったのは、やはり岩手との縁を感じざるをえない。

とうちゃんは過去に2度、岩手の安比高原にこもっているので、岩手への思い入れは強いのだ。

雫石からの岩手山
雫石から見える岩手山。


行く現場は被害の酷かった陸前高田市。安比高原は内陸なので、とうちゃんには初めての海のある岩手県になる。


現地では仕事がなくて大変な時期に「仕事」で現地に行くのは少し申し訳ない気持ちもするが、高校生時代のバイトからの信条である「いただいた給料以上の仕事をする」を心に叩き込んで働いて来ようと思う。


岩手で頑張るとうちゃんに応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ

| 独り言 | 11:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誰にでも出来る支援

この震災で心を痛めてる人はたくさんいてるだろう。  「自分には何もできない。。。」

そう思いつめるがあまり、自分の体調まで崩している人は多いと思う。


お勤めに出てる人で遠すぎて現地に行く事が出来ない人。また、自分の生活があるのでたくさんのお金を募金する事が出来ない人。


関西に住むとうちゃんもその一人。 自分達の生活もあるので、まとまった金額の募金はなかなか難しい。


しかし、ほとんどの人に出来て、尚且つ有効に被災地にお金を届ける方法もある。

庭のライラックです

その方法は、あの池上彰さんの特番でも少しだけ報道されていた「ふるさと納税」の制度。

このところ、少しだけ時間の余裕が出来たので、今日、市役所に問い合わせて、ふるさと納税の制度について調べてみた。

実はこの「ふるさと納税」は基本的に寄付であって納税ではなく、自分が納税(寄付)したい自治体に寄付をする事で次年度の税金が減額される制度なのだ。

庭のムスカリです

例えば、今年度に被災地の自治体に15万円を寄付して、領収書をもらって確定申告をする。

すると、とうちゃんの住む町の場合は寄付した金額から5千円を引いた金額が次年度(24年度)の住民税から減額される。

つまり、次年度の住民税が15万だとすると、次年度に払う市民税は5千円になるのだ。


これは所得税の減額にも反映されるとのこと。

画像 048

とうちゃんは自分の住む町はそれなりに好きだが、この町は元市長すら起訴された過去もある。

その他にも警察官の不祥事や、消防署で火災が起こったり。。。
(警察官は市役所の職員じゃないけど)


そんな町に市民税を払うくらいなら被災地に寄付しますよ!

画像 067

被災地では市民に放送で避難を呼びかける人が最後の最後まで自分の職務を全うして、自分が津波に流されて亡くなられた人もいる。

その放送のおかげで、いったいどれだけたくさんの人が難を逃れただろうか。




自分には大きな寄付は出来ないけど、どうせ納税するのだったら。。


とうちゃん、この制度は大いに活用すべし!だと思いました。


にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
今日もポチッと応援お願いします。

※税金の知識のないとうちゃんが市役所に問い合わせて記事にしました。この制度の活用を本気で考えてる方は、必ずご自身で役所か、会社員の方は総務などで確認する事をお勧めします。 

| 独り言 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

No More Nuclear

少年と出合った時は、少年が17歳でとうちゃんは26歳だった。

9つ年下だった少年も今は29歳だろうか?高校2年生だった少年の担任の先生ととうちゃんが同い年だった事が印象的だった。

彼の地元は福島県原町市。現在は合併されていて、福島県の南相馬市になる。



その彼の運営するサイトがこちら → No More Nuclear


No More Nuclear(ノー・モア・ニュクリアー)この言葉には「原発はもういらない」という意味がある。

021.jpg
(現在の南相馬の状況です。元少年の友人の許可を得て掲載しています。)

原発の事故によって、復興に大きな障害が発生している事は間違いはない。津波による被害に加えて、放射能の障害。近付こうにも近づけない。売れなくなってしまった特産物もある。


事故を起した原発や対応の遅い政府や東電を恨んでも恨みきれないだろう。


でも、彼らはそんな事を訴えているのではない。

032.jpg

彼らの心の中には、この青くキレイな空の下にはガレキではなく、いつもの地元の美しい風景が浮かんでいるんだろうと思う。

彼らは純粋に日常の美しい南相馬市を取り戻したいだけなのだ。

028.jpg

No More Nuclear 原発はもういらない。

この言葉を実現させるのは容易ではないだろう。これだけの事故が起こっても日本から原発がなくなる事はないかもしれない。

しかし、南相馬市の問題は彼らだけの問題ではないと思う。


夜にコンビニの看板に電気が灯ってなかってもいいじゃないか。パチンコ屋のネオンがギラギラと光ってなくてもいいと思う。
ファーストフード店が24時間も営業しなくてもいいと思うし、デパートの冷房が寒すぎるくらい効いてなくてもいいと思う。

エネルギーを生み出すために、石油燃料をどんどん燃やして二酸化炭素を出している。そして、この原発のように、こんなにも危険な物を原料にして電気を作っている。


とうちゃんは昔から、原発を否定していた人間ではないので、偉そうな事を言う資格はないが、人間の豊かさについて、皆がよく考えないといけないと思う。

000.jpg

2001年に少年に原町市の桃を送っていただいた事がある。

その桃はとても美味しくて、今まで食べた中で原町の桃を越える桃を食べた記憶はない。


一瞬の強い力を発揮していただけなくても、「出来る範囲で継続的な支援」をお願いします。



とうちゃんも純粋に美しい故郷を取り戻したいと願う若者達に力を貸してあげたいと思う。


にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
今日もポチッと応援お願いします。

| 独り言 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は怒りモード

今日は久し振りに本音を書きます。もちろん毒も吐きます。

そんな粗末な文章でよければご覧下さい。

≫ Read More

| 独り言 | 22:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。